????

自己愛性人格障害者がいない素晴らしい人間世界

妖怪3匹

「あれれぇ~?(江戸川コナンのセリフ)なんか清清しいじゃあないか!!」

直近の全体会議(全社員参加の)のとき、自然にそう感じたのだが、なるほど!

(自己愛ハンニャおらんやん!おっノーカンメもおらん!をぉ~ニコニコ仮面もおらんわい)

いつも権限にしがみついて主導権を離さず会議の司会者の横にピッタリくっつき「アタシがアタシが」と、うっとおしく口をはさんでくる自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャがインフルエンザで休んでいるという。

また、ノーカンメもニコニコ仮面も然り。(わ~い♪一生休んでろ!)

自己愛ハンニャは(素人判断ながら)自己愛性人格障害者に間違いなく、ノーカンメは発情を隠せない発達障害者っぽく、ニコニコ仮面は(父親を診た経験から)境界性人格障害者にまちがいない。

これらの強烈な3匹(失礼♪)が居ないだけで、いつもの「賽の河原」のような会議室が「人間が幸せに暮らしている世界」になっているのだ!(これが普通なんだけどね)

おもしれーじゃねーか!
(工藤新一のセリフです♪)

いやあ~実に面白い!興味深い!

「人間が幸せに暮らしている世界」「賽の河原」か「黄泉の国」に変化させる怪しい力をもった妖怪が身近に3人もいるなんて。(お前ら、新興宗教の教祖になれるぞ、稼げるぞ、再就職をお勧めする)

なんか。。違う感動(=驚き)がある。
すごぉ~~~い!

自分が入社して5年の間に、こんな状態になったのは初めてで、久しぶりに「会社で働いている」という感覚を持った。

おや?議会進行が実にスムーズじゃないか。
「小学校のホームルームのレベルに達している!」

司会者のゆでガエルが、ちゃんと司会役をこなせている。
(挙手した人を指名しているやん)
意見を言った人にいちいち因縁つける自己愛ハンニャがいないから、いつもは発言しない人が発言しているじゃないか。
意味不明のことを連発するニコニコ仮面がいないのと、次の議題に移って結論がでようとしている時に「さっき決まった事もういっぺん言うてえなあ」とぬかすノーカンメがいないから、短時間でいろいろな事が決まっていくじゃないか。

やれば出来るじゃないか、ゆでガエル殿。

通常の場合、自己愛ハンニャ・ノーカンメ・ニコニコ仮面が参加していて暴走し始めるのだが、その時は司会進行役のゆでガエルが、これらの新興宗教の教祖たちは「頭がオカシイ」との確信をもって会議にのぞみ「関係のない事は発言しないでください。」「会議の邪魔をしていますので退場を命じます。」と言えばいいのだ。

何を恐れる必要があるのか?ゆでガエルは目の前の教祖様たちにビビッてしまって何も言えないのだ。
(自己愛ハンニャはハチュウ類でゆでガエルは両生類だから仕方ないか。)

スポンサーリンク

見苦しい取巻き

(画像はピンハネ商事の社長のキビ団子です)
自己愛ハンニャの取巻き1号のウチマタ膏薬が、上の全体会議でこう言った。

ウチマタ膏薬:
『この案件については、自己愛ハンニャさんはAが良いと言っていたんですが、本当はみなさんが言う通り、私もBが良いと思っています。』(鬼のいぬまの洗濯)

この、自己愛ハンニャの取巻き1号・ウチマタ膏薬は八方美人、可愛らしい感じのする女性で、もちろん聞きじょうず。

私には「スポックさんの事は大好きよ」とか「心を許せるのはあなただけなのよ」などど言って耳をしびれさせる。おそらく、誰にでも同じようなことを言ってるのだろう。

このウチマタ膏薬に違和感を感じていた私は、心を閉じたまま適当な会話をするだけにしていたが、「あ~る日♪突然♪」彼女は変貌する。

それは、彼女から発せられるオーラが文字になって見えるような感覚があって、彼女から「自己愛ハンニャさんをいじめてるでしょ!」と言われたように感じたことだ。

「何かよそよそしい態度」と言えば、分かっていただけると思う。

(妄想です)

自己愛ハンニャ;
(シクシクシ~)アタシ(様)が、スポックさん(私のこと)のために一生懸命がんばって事務のお手伝いをして(あげて)いるのに(シクシクシ~)一箇所ミスしただけやのに激しくののしられてん。
それをスポックさんが社長に大げさに報告して、アタシ
(様)が社長に怒られてん(シクシクシ~)。アタシ(様)の娘が社長の親戚に嫁いでからやねん。

ウチマタ膏薬:
それって、スポックさんがあなたに嫉妬してるんやと思うわ!

(自己愛ハンニャと遭遇してからすぐに、嫉妬?攻撃がはじまります。)

人格障害者集団・カブシキガイシャあの会社は自己愛性人格障害者に憑り付かれていく

会社が自己愛性人格障害者に憑り付かれていく会社が自己愛性人格障害者に憑り付かれていく_2
に詳細に書いたが自己愛ハンニャは社長室で仕事がしたくてたまらなかった。

(それで、自己愛ハンニャは社長室で仕事をする私をなんとか追い出そうとして、社長に何度も何度も何度も進言したが、自分の意見を聞き入れてもらえず、自己愛ハンニャが社長室で仕事ができないと分かった時点でのウチマタ膏薬の突然の「何かよそよそしい態度」だったから、上のような妄想をしました♪)

0
スポンサーリンク

SNSフォローボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  ケアプロスト