はじめまして
管理人のスポックと申します。

スポンサーリンク



ブラック企業で生き残れる社員③―果てしなきパワハラの連鎖は人格障害者の狼藉か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
SNSフォローボタン


指の先までズボラなヤツ―業務上関わらざるを得ない人格障害者

tyu-(あなたの会社にこんなヤツがいたら、普段からICレコーダーをONにしっぱなしにする等々して、客観的証拠を握っておかなければなりません♪)

被告の社内にある下請会社の社長=ズボラー・提灯・チュウが、被告ゼニ亀社長に、私の名前を出して責任転嫁することが何回もあった

チュウはセキニンテンカン男だった。
彼は新興宗教カルト集団S会の幹部をしていて、すでに脳がやられていた↓

陳述書―反論文の見本―下請会社の社長が不良品製造を事務員の私になすり付けてきた!
(経験したことを書いています♪) 解雇通告してきたチュウ社長への反論文(画像は、下請会社社長で、解雇通告してきた人物) こやつ、とんでもないヤカラだ。 (マウスオンorタップして...

男性諸氏の中には、こういう卑怯な輩から、責任をなすくりつけられた経験をお持ちの方がおられるかと思う。

ズボラー・提灯・チュウはの工場がゼニ亀被告会社の中にあるのと、私の担当業務がコヤツと関わりがあるのとで、私はチュウに会わない日は無かったが、チュウは仕事はしないし(指の先までズボラなやつ)、普段はふんぞり返っていて、私など下々?の従業員には挨拶すらまともにしないヤツだった。

(いきなりですが)
パワハラ裁判。あるいはパワハラ解雇裁判。あるいはセクハラ・パワハラ・解雇裁判。

これを提訴中の方は全力で陳述書を書いて頑張り抜いて欲しい。
裁判は大変。でも、労働者の勝訴率は、和解を含めて7割以上だから希望が持てる。

パワハラに関しては、私は提訴した経験はないけれども、クラッシュした役付きからのパワハラを克服した経験ならある。

しかし、私の場合、4年間耐えたというだけだから、もっと長い時間をパワハラ・退職強要・閑職待遇等々で苦しんできているなら、何とか手を打たなければ病気になってしまうように思う。

レベルのひっく~いヤカラの事を、大切な時間を使って考えるのは時間がmottainai。そのためには、頭の中にたまりに溜まったヘドロと化した記憶を捨て去ることができる実力が必要だと思う。そう!実力。大気圏を抜け出ていく時のように、その瞬間Fuんぬぅーーッ!と抜け出す力が必要だと思う。

その力とは、言い尽くされた言葉だけれども敵を知る事だと思う。恐らく相手は人格障害者だろうから、人格障害者の事を知り尽くせば(知は力なりと言います)、案外たやすく対処できてしまう。

本当は、弱ちっこい、みたいなやつだと思えてくる。それが実力ではないかな?と思う。

(話を戻しますが)
私に解雇通告・退職強要・閑職待遇等々してきたズボラー・提灯・チュウ社長が、実際にみたいなヤツだったのが証人尋問で分かった私。

(ズボラー・提灯・チュウの、屁タレぶりは以下の記事へ)

本訴第一審での証人尋問―独裁社長に解雇通告を強要された可哀想なア~ウ~チュウさん登場
(面白すぎて笑いがとまらないチュウさんの証言♪ 証人陳述の見本です。) こんなオモロイ事が世の中にあったんか―下請会社の社長が証人として登場 あ~う~チュウさん、言語に障害が・・・ ...

チュウは、裁判所の待合室で両膝をそろえてチョコンと座っていて、私に卑屈な愛想笑いをし、証人尋問では緊張しすぎて『あ~う~』『お水を飲んでもいいですか?』『裁判長の質問が難しすぎてわかりません』等々というオモロイ状態になっている。

これがチュウの姿なんだと在職中に分かっていたなら、はるかに楽に会社に行けていた!と思っている。

相手は人格障害者なのだから、孤独地獄に自らズリ落ち込んでしまっていて息もカラガラの廃人のはずだ。
全力を出したあなたは、あれ?弱いやんけときっと思うに違いない。(ほんま、ズボラー・提灯・チュウはショボくれたオッサンやった)

もし上司が仕事ができる人物だったとしても。。自分が凡ミスをよくやってしまうと思っていても。。。それは錯覚というもの。
自分と50歩100歩のドングリのせい比べ(そんなに仕事ができるならクラッシュしないでしょ?)。
チョンボなんて、だーっれでも、1度や2度ではないくらいやっている。

そして、チュウのようなクラッシャー上司お得意のぶち切れ状態に遭遇したなら、こんなふうに言ってあげれば良い。

(あなたがミスを謝罪した後でも、クラッシャー上司がしつこくからんでくるから)

あなた:
なんでそんなに怒っているんですか。
 
クラッシュ君:
お前がミスしたからだろうがあーッ。

あなた:
それは飛躍しています。
 
クラッシュ君:
何だとーッ給料ドロボウが。

あなた:
その言葉は中傷誹謗です。名誉毀損です。

クラッシュ君:
会社に損害を与えたヤツがそんな口きけるのかよ。もう辞めてしまえ!

あなた:
(プチッ!)
だから反省して謝罪しましたよ。

クラッシュ君:
何だとー、オレに逆らう気かあ!

あなた:
(プッツーーン!)
本来なら社長に謝罪するところを、あなたのようなチンケな男に謝罪してさしあげたのですよ。
すぐに頭に血が昇って支離滅裂で飛躍した話しかできない人が会社の役に立てているのか疑問ですね。
何億万円貢献したんですうぅ?言ってみィ

(ここで胸ぐら掴まれたら、技が必要だけれど、痛くないように殴られる。速攻で半日有休をとって診断書をとりに行き、警察に被害届を出しておく。)

・それに今、みんなの前で給料ドロボウと言いましたね。
・みなさん聞いてましたよね(と周囲に確認し)、録音もしましたからね。
・名誉毀損でパワハラを訴えますからね(よろしいですか、とメンチを切る)。
・証人はここにいるみんなですからあなたに勝ち目ないですよ。


(裁判を決意していたら言えます♪)

あとは、団体で無視してきたり、閑職待遇してきたりした場合は?そんなものクソ食らえ!
AHO相手に貴重な人生の時間を潰しているヒマはない。自分の時間を楽しめば良いのだ。

(ちょっと今日は興奮しております。)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

関連記事(一部広告含む)