はじめまして
管理人のスポックと申します。

労働訴訟経験者―不当解雇で闘った人等から頂いたメール・コメント―19本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

(労働訴訟中にいただいたメール・コメントをアップしました。参考になれば幸いです♪)


不当解雇訴訟を2年間闘っている人の状況

やっと7時間かけての証人尋問が終わりました。

裁判官から会社側は、和解をしなければ、敗訴するぐらいのことは言われたと推測しています。

11月中旬に和解案を会社が持ってきた場合、和解条項に公開しないことを付記してくるかもしれません。

もう、2年間も戦っているので、和解はしたいのですが、公開もしたい欲求が強いのです。

和解したところで、公開しなければ、私の名誉は回復できません。

これからが本当の戦いになりそうです。

裁判官と弁護士からも和解すすめられるのは、判っています。

「前向きに、生きたほうがいいよ。」ってね。

会社の不正を指摘して、口封じで懲戒になったのに、和解してまた、結果的に口封じされたら、俺の2年間はなんだったんだよ!!って思います。

悩みどころです。

不当解雇で闘って地裁で勝訴した人

3月15日に東京地方裁判所で勝訴しました。

懲戒を受けてから27ヶ月分の給与、その間の4回の賞与、仮執行つきで、全額支払えとの内容でした。

金銭的にも精神的に苦しかったですが、報われました。

友人から「もし、控訴されるようなことがあったら、HPを開設して、裁判内容を公開してあげるよ」って言ってくれました。

苦しいことばかりじゃありません。

スポックさんも勝利まで、もう少しです。

頑張って下さい。応援しています。

証人陳述を経験した人

(後に勝利し、原職復帰されています)
社内では地位に守られて傍若無人に振る舞っていた連中が

法廷に引きずり出されたときにはシドロモドロになったり

泣きべそかいていたのを見たときや陳述書で思いのかぎり

を書ききった際に“これで訴訟提起の一つの目的は達成した”

という爽快な気分を感じた事を思い出しました。

不当解雇訴訟を1年間闘っている派遣契約社員の状況

実は私も解雇され、約一年が経とうとしています。

私からすれば不当解雇です。それで、提訴しました。只今、裁判中です。この一年間、一人で闘っていて本当に辛く苦しく悲しい日々でした。

結審はまだですが、多分今年の4月頃には結審されるそうです。このサイトにもっと早く出会っていれば勇気百倍だったのにと悔やまれます。

(管理人:解雇理由は何ですか?)

よくぞ聞いてくれました。

会社側の解雇理由と私の反論は下記のとうりです。

解雇理由その1.
会社のシステム(イントラネットの導入)が理解できず定められた仕事が出来ない。

私の主張:
新しいシステム(イントラネット)の使用方法について会社側に説明を求めたにもかかわらず、責任者が説明を拒否しつずけたことにより、システムが理解できなかったのであり、私の責任ではありません。
イントラネットが導入については何ら説明は無かったのです。

解雇理由その2.
勤務時間中に個人的な業務をした。

私の主張:
確かに私は会社のパソコンで、私的な文書を作成したことはありました。
しかし、勤務時間中に私的文書(相続土地問題で係争中の裁判資料やセクハラ問題に関する労働局への相談資料)を作成したことは殆どなく、自宅で作成した文書の修正や追記を主に勤務時間前の早朝や昼休みに行っていました。
会社の指摘を受けた後は反省し、会社のパソコンにコピーしていた私文書は全て削除しました。
これに対しての懲戒処分ととしても労働者にとって生命線を断つに等しい解雇は重すぎる。

解雇理由その3.
会社のシステムとして韓国語を使用することが多く、韓国語の能力が無いので業務に支障がある。

私の主張:
私は16年間勤務しました。
今になって私が韓国語の能力が無いので業務に支障が生じるはずもありません。
韓国語の使用は勤務条件には無かった。
しかも、私は自主的に韓国教育院の韓国語教室に通学し中級を修了しました。

解雇理由その4.
会社に対し不満が多い。

私の主張:
私は会社に対し、労条動条件について交渉したことはあるが、その内容の多くは日本の法律(労働基準法)の遵守を求めるものであり、労働者として当然の条件を求めたに過ぎません。また、セクハラ事件の対応についても、会社にきちんとした対応を求めただけです。

解雇理由その5.一年ごとの契約である。

私の主張:
採用の時は一年毎の契約ではありませんでした。
勤務して2.3年後に会社の方から「海外の現地採用者は一年ごとの契約にすることになった。
でも、形式的なものだから」と言われ、それ以後一年ごとに契約書を交わす事になりました。
私は16年間に亘り契約を更新しているので契約期限が切れたからといって、会社が一方的に契約を解除することは出来ません(解雇権濫用の法理が類推適用され、合理的理由たり得ないものである)。

以上の5点でゴングが鳴らされたのでしたが(「納得でけへんやん」と思い、提訴しました。)、会社側は答弁書で「勤務態度が悪かった」「与えられた仕事をしなかった」などと解雇理由を追加してきました。

私は勤務態度は決して悪くなかったし、韓国人ばかりの職場でたった一人の日本人事務員として我ながらよく頑張っていたと自負しています。

最近になってようやく職員の一人が「勤務態度はよかった」と証言してくれました。

私を疎ましい存在(会社の脱税を内部告発したことがあります。)だと考えていた上司の嫌がらせか、過剰な仕事量を与えられていた私は苦しい毎日を過ごしていました。

そんな中でセクハラ事件が起こりました。

私に痴漢行為をした奴は事実を認めませんでしたし、上司も痴漢した奴に加担したりして解雇されるまでの間、私は上司やその部下の痴漢や会社を相手に孤軍奮闘していました。

結局、クビになったと言うのが大まかな事情です。

複雑な事情がある上、私の拙い文章力では十分にご理解頂けないかもしれません。すみません。

とにかく、私からすれば納得のいかない解雇です。

私は会社側の答弁書や準備書面を読むたびに、その虚偽や陰湿なでっち上げに何度もショックシしそうになりました。

胃潰瘍で吐血したり、免疫力が低下して歯茎が腫れて歯も抜きました。

命からがら闘っております。

管理人様からの温かい励ましを頂いて息を吹き返しつつあります。ありがとうございます。私も管理人さんのように人助けにもなるHPを作成できるように頑張りたいです。

地裁で全面勝訴した人

控訴審残念な結果でしたね。

どうもやはり、裁判官は大阪でも、同じく提出した書類をほとんど見ないで、妄想で事件の内容を脚色し、決めつけ、面倒だから?お役所仕事だから?さっさと終わらせて判決を言い渡してるとしか思えない感じですね。

自分の場合は、控訴審は新たな証拠も相手方にもないし、
同じことを軽く書かれた控訴状だったので
(地裁で全面勝訴してたので安心してましたという事もあります)、
答弁書を提出して争ってますという意志を示し高等裁判所には行かずに結審してしまい、
逆転負けしたので、行かなかった事がまずかったのか?とも思いましたが、
スポックさんの状態を見ると(状況がなぜか似てしまったので)、
行ったとしても同じくこちらの一生懸命書いた相手の矛盾点、証拠の多さを見ただけで、
「これ読むの面倒だな~」という感じで終わらせ、やはり負けていたんだなとわかりました。

全国のどこの裁判官も同じだなぁ~(違う人も確かにいるでしょうが)と思ってしまいます。

司法は腐ってます。

何の為に一生懸命書いたんだろうになります。

いっそ、法律で経営者は気に入らない者はどんな理由をつけても、どんどん解雇できるといううふうにしてもらったほうが、仕方がないなと諦めもつきます。

なんとかしたいですよね。司法のグウタラぶり。

労働訴訟の手続きを行っている最中の人

初めて掲示板に書き込みする初心者です。

HPのすべてを読みきれていませんが、どんなに苦痛であるか伝わって、思わず書き込んでしまいました。

私も10年近く働いた会社に、突然解雇されました。

もちろん不当解雇です。

10日間くらいは放心状態。

何の知識も経済力も無い私はどうすることもできず、とりあえず労働基準監督署へ相談に行ったのですが、さすが全国規模の会社だけに書類上不備はなく断られました。

しかし、諦めきれず弁護士さんに相談に行ったところ「不当解雇以外の何者でもない!」と言われ現在、労働審判にて会社側と交渉している最中です。

しかし、一個人が企業相手に戦うのは非常に大変で、「気力・体力・精神力・話術・理解力・そして立証する為の資料」すべてが揃わないとなかなかうまく行かないことに今更ながら頭を痛めています。

労働訴訟を応援してくれている人

読ませて頂きました。
何だか・・・・
世界に誇れるような
誠実で有能な、素晴らしい人材が集まる一流企業に
とんでもなく無能で協調性のない
インテリぶったわがままおばさんが入社して
人々の和をかき乱したあげく
働きもせず給料ばかり請求して来て困ったので
さんざん情けはかけたけれど
業務に差し支えが出てきたので
やむを得ず涙をのんで解雇に至ったという
悲惨なお話のようです。

文章って、便利なものですね。

そんな会社があるならば
ぜひとも見学に行きたいものです。

きっと社屋は整然としてゴミ一つ無く
(冷蔵庫には個人の夕食のおかずの買い物袋などあるはずも無く)
営業時間内は活気に満ち溢れて
くだらない世間話なんてする暇も無く
世界各国から入ってくる最新情報に
活発な意見が取り交わされているはずです。

人々の自信に満ちた笑顔と
Good job!のハイタッチ、
上司のあたたかい励ましや
ねぎらいの言葉が
そこかしこに聞かれることでしょう。
あこがれます。

まさかそんな会社が、
社員一同口裏を合わせて
一人の有能な人間を葬り去ろうとするなんて、
有り得ませんから。
ましてや会社の体裁を守る為に
かつての仲間を自分達の都合にあわせて
人格誹謗するなんて。
また、お給料の為に泣く泣く上司に服従して
事実を知りつつ一緒に誹謗する事を強いられてしまう人々が
会社の卑小な本質に堪えながら働いているなんて、
有り得ませんよね。
そんなことがあったら怖いです。
そんな事をする会社は会社とは呼べません。
まるで北チョ・・・ピーーッ。

今後もじっくり拝見させて頂きます。
集団で個人にこういう事をできる会社に、
好意が持てなくて
公正に見られなかったらごめんなさい。

双方陳述書の乙の数件、
私は、偽物のヒューマニズムには興味がありません。嘘泣きも御勘弁。

不当解雇、一つの社会問題とさえ感じています。

スポックさん、お仕事が忙しいと思いますが、
裁判も頑張って下さいね。
みんな応援しています。

スポンサーリンク

労働訴訟を応援してくれている人②

スポックさんはいくつ位の企業を経験してこられましたか?

読み進むほどに確信するのですが、あなたが行っていた場所は何の例えでも皮肉でもなく「会社」ではありません。
「会社」と思って見るから全てがおかしく見えるわけで・・。

もともと「会社」ではないです。はっきり言います。
ですから訴えるほどの次元に達していませんし(会社相手のような行動をとっても通じませんし)永遠に折り合う部分はないでしょう。こじれるだけです。

(いわゆる、相手の次元は「どうしようもない」のレベルです)

読んでいてこの世のどこかに同じ人間の名前でそのような
低レベルの人々が存在すること自体が悲しくなります。
普通はたまに何かの変異で一人発生するかどうかなのですがいわゆる「問題(のある)人物」があなたのいた会社では汚物に集まるハエのようにブンブン飛び回っています。

中にはいい人もいたでしょうに、こんな言い方でごめんなさい。そのような環境では長く関わっていると病気になるのが分かりきっています。

スポックさんも早めにすっかり縁を切って新しい出会いを目指されることをお祈りいたします。
筋を通したい気持ち、鬱積されたものを晴らしたい気持ちはよく分かります。
でも関わっていること自体、同じ部分があるようにおもわれませんか?
あるいは“感染”した状態と呼びましょう。

おかしな場所に迷い込むことは誰にでもあります。
私はあなたが一瞬も前の会社に復活しないことを祈っています。

労働訴訟を応援してくれている人③

裁判おこした人は偉いと思います。

日本人がみんな何をされても泣き寝入りすると思ったら大間違いです。

普段きちんとしていておだやかな人、しかもきちんと仕事している人が強い信念を持っていないわけがないのに調子こいて利用しようとするから痛い目にあうのだと思います。

何とあさはかなのでしょう。すぐに謝罪すれば(ありえないけど)周りだって迷惑しないし、こんなに正しい人が疲れさせられる事もないのにと思います。
全く困った事です。

見る人はちゃんと見ています。
そして、最近わかりましたが傍観者こそが最大の援護射撃になります。
人の眼とは怖いものです。
矛盾を抱えたものはいずれ自ら崩壊します。
終わってみれば案外もろかったのだな、とわかります。
頑張って下さい。

調停・和解で解決した人

結論から言いますと、金銭和解の金額の調停に入りました。
この件に関しては、解雇にセクハラ問題も絡んでいました。

裁判官は、
「復職出来るとしても、この状況で働き続けるのは難しいと思いますが、その場合どういう形を望みますか」
要は、金銭解決しかないのでは、と言う事です。

前回、整理解雇である事を明確にするよう、裁判官に言われたにも拘わらず、今回も会社が苦しい苦しいと言わんばかりの資料の提出だけで、正当な答弁には程遠いものでした。

関係に問題無かったと思っていた人、4人の陳述書もありましたがちらっと見ただけで、もう読むのは止めました。
また不眠症になります。
退職時点の皆との関係を、私の中で変えたくなかったからです。
在職中ですから、皆の立場も解らなくは無いのです。
もうそんな事は飛び越えた進行にはいっていますから。

裁判官もセクハラに関して、債務者の主張の「何も無かった」とは考えにくいと言っています。

1年後に娘の大学進学を控え、私の収入だけが頼りの家計ですから長引くのはとても困るのです。
債務者側は、遺族年金があるから生活に困らないだろうなどど言っていますが、夫が命を賭けて子供の為に残してくれたもので会社側に何の関係があるのでしょうか。
とてもそれで生活が出来るような金額ではありませんし、来年娘が18歳になったら、一部は打ち切りとなります。

弁護士さんは、今の状況なら本裁判でも勝てるでしょうが、ただ、そうなると裁判所側が、企業びいきになることが多々あるので覚悟がいると言われていました。
現在の労働問題の方向は企業びいきになりつつありますよね。
アメリカのように解雇に理由がいらなくなるような・・・

次回26日に、債務者がどう言う回答をするかに因ります。
かなり譲歩して裁判官に提示しました。
その時点ですらこの問題をほんの軽いものとしか考えてない債務者に怒りを感じましたが、裁判官にもそれに近いものを感じました。

スポックさんに比べると、楽な裁判かも知れません。
こんな状態を1年も闘ってきたスポックさん、すごい事です。
私も、会社とプライベートは切り離して考える方で自分が事実を確認していない事は口にしませんし、噂話を
ねぇねぇと言って話すたちではないので、可愛げが無かったのでしょう。
会社では、ただひたすら仕事をしていましたから。

労働訴訟中の人

今夜はちっと小言を。

スポック殿は、争議が始まったあと、組合の人から「職場に仲間を作りなさい」みたいな事、言われませんでしたか?
自分はよう言われるんですが、もともと労組があった訳じゃなし、そうは簡単にいかんので困ってます。
在職中は仲良くしてても、自分の身を危険にしてまで、クビ切られた奴の味方になるほど男前の奴はいませんからねぇ…。
立場逆だったらどうだろう?とか奴らの代わりに闘ってるみたいなもんやのに(怒)とか、色々思い悩んでナーバスなこの頃です 。

パワハラでうつになり退職した人

前略、49歳です。昨年暮れ退職しました。
次の予定はまだありません。

8年前、親会社(部品メーカー)の上層部の責任逃れのための不正経理を強要され、その後の税務調査で虚偽の答弁をしてしまい、その罪の意識から心を病みました。

すると何の相談も無くいきなり異動、転勤(単身赴任)をさせられ、さらに信じられないことに病気の事を部署内に公表され意見聴取されました。
出来上がった書類は私のことを誹謗中傷する事実を歪曲した見るに耐えないものでした。
それによると、私は虚言壁があり、仕事の出来ないうつ病患者だそうです。人権侵害、名誉毀損、信用毀損、侮辱の数々。

それを見て、3ヶ月の入院が必要だといわれるほどの重症になり、出社不能になりました。
休職2年半、通院、服薬を続け、復職可能にまで回復しましたが会社の状況に変わりは無く再発を恐れやむなく退職しました。

退職の時、慰謝料、損害賠償を要求しましたが、当然のように却下され、反省も謝罪もない訳のわからない返答をもらいました。退職理由も個人都合を強制され、そうしないと受理しないと脅かされました。

誰がこの時代に住宅ローンと大学生と高校生の子供を抱え一千万円の収入を捨てて、自ら退職するものですか。

裁判をしても得られる金銭はしれてるでしょう。それほど金銭的余裕はありません。私はどうすればいいのでしょう。

解雇を承諾していないのに離職証明書が送られてきた人

先ほど社会保険労務士さん経由で「雇用保険被保険者離職証明書」が送られてきました。
離職理由は、やはり「解雇」で、具体的事情の欄は「会社都合による解雇」になっているのですが、何だかアバウトすぎて、コレを認めてよいのやら悪いのやら、困っています。
(会社からなぜ解雇か?の具体的説明を受けていないので)

会社へは「退職証明書」で解雇理由の説明を求めているのですが、こちらは連絡がありません(内容証明で請求期限を5月14日必着にしたので明日まで待って連絡がなければ監督署に「あっせん」をお願いしようと思っています)
ハローワークに相談したところ、ボクの判断ひとつだと言われました。

不当解雇裁判を始めたばかりの人

はじめまして。私も不当解雇で裁判を始めたばかりのものです。
無実の事をやったという事(ストーカー、プライバシー侵害をあげられました)で解雇されたので、やってないから不当解雇ですと自信満々に訴訟起こしたのに、なぜか私の業務態度が解雇に当るかどうかで裁判所は判断すると言い出してます。

ここに(当サイトのこと)書かれていた様にかっての仲間も自分かわいさにか?会社ぐるみで私がとんでもない事をしていたと、でっちあげの事を陳述しており、それを見て腹煮えくり返る思いをしてます。
ここのホームページを見て、同じだぁ!ハハハ・・と仲間がいたといううれしさがありました。
私もあらゆる事を考えて絶対汚名を晴らしたいと思ってます。
お互いがんばりましょう。挨拶まで。

地位保全仮処分で和解した人

仮処分の審尋中に会社側と金銭和解しました。
解雇されて半年、裁判所に申し立てをしてから4ヶ月弱での終結です。
今は達成感でもなく安堵感でもない「はぁ~・・」という心境です。
ただ思うことは、自分は悪くない(と思う)のに何かされたときは泣き寝入りしちゃいけない。
と、それだけです。

解雇無効裁判の証人尋問を経験した人

裁判行ってきました。証人尋問で上司が来て私の業務態度が悪かったと証言してました。

どんどん喋ってボロをだしなさーいと笑みを浮かべて聞いていました。

悪意のある他の従業員の主観の陳述書を見て仲間と思って涙でお別れをした自分が哀れな気分でした。
嘘が多々あるので、その人を裁判所で証言させてくれたらその嘘を偽証罪で証明できますと訴え、裁判長の印象もだいぶこちらに傾いたと思われます。

仲間面して、人の話を聞いていながら裏ではうざったいとか思っていたとか私に対する罵声の数々に人間不信になりますね。原因になった女を訴えていた事もやはりよかったと思います。

その女の嘘が全て原因であり、女が認めているという事が大きな有利な証拠です。
そして相手の弁護士が急に折れだし、戻って働く意志があるのか聞いてきました。

私は、こんな会社に戻りたくないので解雇ではなく自主退社にしたいと言いました。
それで次回和解の話になりました。

ただ私としてはまだその様に私を陥れる為に嘘をついている人に対して白黒ハッキリつけたい気持ちがあるので和解が成立するかわかりませんけど。

会社が急に折れだしたのは、もしかしたら警察に名誉毀損で訴えたいと申し出、警察が事情聴取に行ったのがあるのかもしれません。
相手にこのまま私と争う事が相手にとって不利であり、不利益だという事に気付かせらる事は戦略として大きいと思いますよ。

次回の和解はすぐですのでまた報告します。みなさんも弁護士に任せきりでなく、自分に起こった事実を積極的に訴えていったほうが、心情も伝わると思います。
がんばりましょう!でわ、でわ。

スポンサーリンク

地位保全仮処分裁判中の人

直接メールでお話する事が多いので「いかんなぁ」と思いBBSにやってまいりました。

私の仮裁判(地位保全仮処分)も何度か審問を続けていますが、ポイントは私を解雇して経費削減になるのかどうか、に絞られて来たようです。

私の会社は二部上場、皆さんがお使いのIBM,COMPAQ,などとパートナー契約をしていっぱしのIT商社を気取っていますが、実情はSpockさんの会社とソックリ!!

最近復活した80過ぎの逝きかけオーナーが、思い付きで社長を動かしています。
不思議なんだけど、1階から2階に移ってオカシクなっちゃったspockさんのケースと高層ビル34階から34階に移動になった途端、がたがたと崩れはじめ私と似てて風水でも関係あるのかと思っている毎日です。

ツトめて明るくしていますが、一人暮らしの唯一の収入源を派閥の残党と間違われたり、好き嫌いや気まぐれで奪われた事はかなり辛いです。
会社だからって、金もってるからって、何してもいいと思うなボケッという気持ちもイイ加減めんどーになったりします。

社員だって、しょせんは対岸の火事、酷い目にあって辞めた人たちや汚れのない本社以外の人くらいしかリアクションはありません。
ものすごくアクセスして見てるのにね、見ず知らずのspockさんに拾われて、励ましてもらもえなかったらサイトや別館の日記で気焔をはく事も出来なかったと思います。

ほんと私の会社も含めて、下さらない倫理観のない会社はアメリカのように弾圧されればいいと切に願う次第です。
では今日のところはこの辺で。

不当解雇で実質勝訴(和解)した人からの応援メール

(私が控訴審で敗訴したあとに、ある人から頂いたメール)

想像を絶するような虚無感の中でのご報告に深くお礼を申し上げます。
私は今、憤りや絶望感と違った何かを感じております。

去年の大阪地裁に於いて、

“本判決以降の賃金の支払いを求める請求を棄却する”
“原告の請求をいずれも棄却する”
“訴訟費用は原告の負担とする”

との短い判決を聞いた際と同様にまるで自分の判決を聞いたかのごとく、数分間、茫然自失となっておりました。

客観的事実を法に照らし合わせて裁くことが裁判ではないのか!
違法行為を繰り返している会社に対しての業務命令違反があったとしてそれが解雇理由として社会通念上相当なのか!
基本的人権を無視され個人として尊重されず法の下に平等に扱われないこと自体が憲法違反ではないのか!
良心の自由も憲法で謳っているではないか!!

・・・言いたい事は山ほどありますが、実際のところは権力に守られた程度の低い者達の主観で「現職復帰も望んでいないみたいだし、金銭解決も拒むし、ホームページで裁判所もけなしているような可愛くない奴は敗訴にしてしまえ」となったと思えてなりません。

すなわち、くそったれアホ会社の奴らよりはるかにスケールの大きい世間知らずのアホ達が合法的に人さえアヤメル職に就いているのだと思われ、神は亡くなった人類への絶望のためにというニーチェ流のニヒリズムは現代にも通用するようです。

と、ここまでは私の愚にも付かない嘆きでしたが、スポックさんは今後どのように対処なさるのですか?
憲法違反に絡めて上告する、敵会社を被告人として追及するあてにならない裁判所などより、事実を公表することによって敵会社に制裁をくわえる等いろいろな選択肢があると思われます。

私事ですが、やはり金銭解決に応じたことに後悔の念が沸いてきております
判決を取っていれば結果がどうであれ訴訟後もいろいろな仕掛けが出来ていたものを訴訟内容以外での追求となるとホントにライフワークになってしまいそうです。
その準備ができるまでくそったれアホ会社のことは忘れていることしか無いのが現状です。

スポックさんが今後どのような対処をするにしても、とりあえず一つの区切りはついたと思われます。
このような時に適切であるかどうかは判りませんが「お疲れ様でした」と言わせてください。

でわまた 

労働審判で勝利した人

解雇の撤回 未払い給料を満額勝ち取った。

使用者の責任感と認識の欠如に、裁判官も審判官も呆れてしまった。

審判も実質一回で異例の終了となった。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
 

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    さきほど最初のページでコメントを送りましたが、ここにたくさんのお仲間がいらしたので、私のことを少し書きます。
    2017年3月に仮処分申立をして会社側が折れて和解しました。3ヶ月かかりました。
    政府系機関で8年間働いていましたが、現場の所属長を無視して総務部長が私の契約を勝手に満了させました。その前の秋頃から私を呼び出して尋問し、業務不正等のチェックを始めました。まったくのパワハラです。契約社員だったので、会社側の言い分は契約満了でした。2回めの審尋で、裁判官が契約を継続しなかった理由を問いただし、私のことを気に入らないからなどと適当な理由を言ったため、形勢有利になり、こちらの全面勝訴となりました。でも気分は晴れず鬱鬱としながら1年過ごして、すこし上向きになってきました。本当に一人で戦うのは大変で、気力・体力・文章力・経済力等がとても必要だと思います。スポック様も大変お疲れ様でした。このようなホームページがあるととても役立つと思うので、しんどいかもと思いますがぜひ続けてください。

    • 管理人 より:

      な 様

      お返事が遅くなってすみません。

      >会社側が折れて和解しました。3ヶ月かかりました。

      この3ヶ月間だけでも一日千秋の思いと凄まじいエネルギーを使ったことでしょう♪
      お疲れ様でした!

      >裁判官が契約を継続しなかった理由を問いただし、
      >私のことを気に入らないからなどと適当な理由を言ったため、
      >形勢有利になり、こちらの全面勝訴となりました。

      私と同じですね♪
      「あなたを気に入らなかった」と相手会社が言って「くれた」のですね。

      要するに、
      「総務部長」さんはあなたが正当な事を言うのが煙たかったのでしょう。
      それでパワハラ部長と化し、あなたを辞めさせようと黒い画策に必死に動いたのでしょうね。

      災難でしたが、パワハラを受けたのも契約満了で辞めさせられたのも、
      あなたがまともな人間であるという証拠だと思います。
      それを裁判所が認めてくれたのですから(例え認められなかったとしても)
      な様は、人としての誇りを持っている!自分は間違っていなかった!と
      強く認識できたのではないでしょうか?

      私は、「自分の意見を主張する事」が人として一番立派なことだと思っているのですが
      な様はそれをやり遂げた人です。
      「自分は何をしたいのか、自分はどう感じているのか」
      が分からない人が人格障害者と呼ばれている人々であることから、
      それらの人々と対極にあるな様の行動は、人間が人間たる所以をあきらかにした立派な行動と言う以外にないと思うのです。

      1年間、気分が晴れなかったりしたのは、大きな相手と戦ったのですから、
      勝負というのは、勝っても負けても傷を負うのですから癒す時間が必要だったという事だと思います。

      とにかく、お疲れ様でした!