はじめまして
管理人のスポックと申します。

証拠として裁判所に提出した日記―証拠能力あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

(参考になれば幸いです♪)

在職中につけていた閻魔帳

(解雇無効の証拠として裁判所が認めてくれました。パワハラされた事をガンガン書いてます。)

身分保全の仮処分裁判の時、相手のピンハネ商事がその主張書面に、(主張書面は弁護士が作成します。)

解雇理由として、原告には子どもじみた言動があったため。

と書いてきたから、それに対して毎日つけていた日記を提出し、反論。

すると、裁判所が(裁判長が)銭亀社長に向かって、こういうものは解雇理由にならないんですよと言って、私の反論文の方に信憑性があると言って、私の言い分を認めてくれている。(こういうふうになると、本っ、当に溜飲が下がりますよ!)

では、以下へ。

債権者の日記―甲15号証

(※地位保全の仮処分の場合、訴えた方を債権者といいます。私です♪)

 ※( )内は、ブログにアップするのあたり追記し、固有名詞はニックネームにした。

12.15(12月15日)
本日10:30頃 銭亀社長ご来社。何やら(お局の)金つぼねと談笑。

金つぼね:『生理休暇はないんですか?』
社  長:『おおー、それやったらマルデ・カラス君に(この時50才、創業時からの社員)聞いてくれ。』
金つぼね:大爆笑。
おいちの方、アイアンウィルさんが続いて爆笑。私は黙々と仕事。

[今の机の配置]
(ここでは省略。皆の会話に入れる位置ではなかった。)

冬季一時金支給のため、金つぼね(お局)が応接に呼ばれていた。
有休の説明を受けての返しの言葉に、皆が爆笑したのだ(この時、金つぼね、マルデカラス、おいちの方、アイアンウィル、銭亀社長、私しかいなかった。)

続いてマルデカラスさん(が一時金の明細書を受け取る)。「ありがとうございます。」

銭亀社長:「スポックさん(私)!」「はい。」

そして私へ有休の説明をした後、(銭亀社長は)「これから中国・アメリカ等の取引も増えてくるので、新しい事はやはり先輩がうまく対処出来るので、良く先輩の言う事を聞いてやって下さい。」「はい。」「我流でしないように。」「はい。」(と、私退席。)

何を根拠に先輩がうまく(新しい事には)対処出来ると言っているのか。先輩て誰や。新しい事に対処していける先輩て誰なのォ?我流を捨てて・・我流でしない様に・・・何を我流ですると言うのか。どういう意味か・・・。頭の中をぐるぐると同じ事をかけ巡る。我流ネ。

金つぼねさん、マルデカラスさん、おいちの方さん、アイアンウィル・オシンさん、と順に明細書を受け取ったが、年次休暇の事とその人に関係のある仕事の事を会話しただけで、私の様に言われた人は誰もいなかった。

帰ってから、一時金支給明細同封の社長のコメントを読んだ。

・・・何を考え違いをしているのか小さな取るに足らぬ事柄に子どもじみた言動が一部に残って居り、・・・もう立派な大人なのだから、ツマラヌ聞くのも煩わしい子どもじみた言動を慎み・・・私の弊社の基本方針が理解できず手前勝手な言動が目に余ればリタイヤしてもらう云々。

脅迫しているのか。由々しき事である。

本日、(下請会社の社長も参加する忘年会で)Rイヤルホテルでマルぺけ会があった。

(以下省略)

(上記の銭亀社長のコメント、最初、私だけに手渡されたんですよ。その後、社内回覧でまわってきました。立派なパワハラだ。)

当時、ピンハネ商事の従業員は15名で、うち13名は全て先輩。

それで。。。上記私の日記の中の、
新しい事はやはり先輩がうまく対処出来るとは、銭亀社長が中国・アメリカという言葉を使っていることから、銭亀社長が別に経営している中国との合弁会社のパラサイト㈱の業務で、私たちピンハネ商事㈱の全従業員にさせたニセシール貼り(原産地偽装)業務を指す(と思われる)。

≪ニセシール貼り≫
銭亀社長は、中国から仕入れた中国製品であるスロットルケーブルの一つ一つに、『Made in Japan』と『某有名単車メーカーの品番』とを印字したシールを貼って、名古屋にある貿易会社Bトレーディングを仲介させて中近東に売りさばいていた。

このニセシール貼り作業1回で、200万~300万円儲かる(客観的証拠あり)。

スポンサーリンク

債務者の反論―銭亀社長が見せしめに社内回覧したコメントの内容―乙50号証

パラサイト株式会社、ピンハネ商事株式会社各位

(時候の挨拶等省略)

現況を見る時、世界経済は大きく変動しており、我々の様な弱小企業もその大きな渦から逃れられません。

幸い弊社は中国と言う世界最強のパートナーを持って居り日本及びUSAマーケットで今後優位にBUSINESSを展開出きるものと予想され、開けて21世紀は明るい年明けとなりそうです。

この様な現況下に我が足基K内を見る時、何を考え違いをしているのか小さな取るに足らぬ事柄に子どもじみた言動が一部に残って居り、誠に情けない限りです。

社員男女の皆さん、・・・もう立派な大人なのだから、ツマラヌ聞くのも煩わしい子どもじみた言動を慎み、古参、新入社員を問わず全社員一丸と成って来る新年からの世界的規模の経済業務に対応してもらいたい。

古参、新人を問わず私の弊社の基本方針が理解できず手前勝手な言動が目に余ればリタイヤしてもらうので十分認識願いたい。(年末の挨拶)・・来年も宜しく。 銭亀フンゾーリ押印

銭亀社長は、裁判所の小さな一室で、裁判長に向かって、

何を考え違いをしているのか小さな取るに足らぬ事柄に子どもじみた言動が一部に残って居り、誠に情けない限りです、は原告のことなんです。(と、事前に伏線を引いてきていた)

と言った。

(銭亀社長のような主張は=主観的で合理性に欠くものは、裁判官の頭には全く残りませんので、同じような事を言われているあなたは大丈夫ですよ!)

銭亀社長が、突然解雇したわけではなく、ちゃあんと注意したんですよと言うために自身の書いたコメントを証拠として裁判所に提出してきたから、それに対抗するために私は自分の日記(エンマ帳)を出したという訳だったが、銭亀社長にとって、逆に不利な証拠になってしまったのだった。

で、小さな取るに足らぬ事柄というのが実は、違法行為(産地偽装)だったのに、会社側の弁護士が、

bengo産地偽装のためのニセシール貼りなんて、
どこでもやってますから、うふふ

と、堂々とその違法行為を認めてしまっている。

語るに落ちる。。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •