お小遣い稼ぎの美味しさと罠―買い物依存症人格障害者が堕ちないようにと願って

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  


”簡単に稼げます”が大好物の人格障害者にこちゃん2号が堕ちた穴

メールレディ、保証人紹介ビジネス。。。簡単登録!メールするだけ、入学等の保証人になるだけ。。。等々。

世の中、お小遣い稼ぎサイトはゴマンとあるが、今度は境界性人格障害者と思われる借金まみれの二コちゃん2号が、怪しげなサイトに登録した、とその母親が言う。

借金がとまらない二コちゃん2号は以下で登場済。

お金を受け取っていないのに借用書を書かされた―詐欺にひっかかったニコちゃん2号―あるパーソナリティ障害者の話
強烈な寂しさが落とし穴噴出する人格障害_5―本人は罪悪感を持っていないのに他人の罪悪感を突いてくるで書いたニコちゃん2号の事を書こうと思う。 危ないあぶないと思っていたら、ニコちゃん2号...
噴出する人格障害⑤―本人は罪悪感を持っていないのに他人の罪悪感を突いてくる
依存が止められないのは愛着障害のせい?目の前にお金があれば、人様のものであっても使ってしまうニコちゃんのことを間違って別サイトに書いてしまったので、別のニコちゃん(2号)のことを書こうと思う。...

買い物依存症になっているにこちゃん2号だが、家人が買い物を止めると凄まじい暴言暴力が始まるため、母親は黙ってみているしかなく、その尻拭いに奔走するだけ。ニコちゃん2号は家中のモノを壊し、配偶者と母親を骨折させるほど殴り蹴りする。

メールレディ

さて、メールレディだが、これはニコちゃん2号には無理。
1日に100通も200通も相手男性に送り続け、相手から返信があれば又ちゃんと返事をしなければならないし、次にも返事をもらえるような内容にする必要があるから、一日中PCかスマホにかかりっきりになって買い物ができなくなるからだ。

因みに、メールレディがメールだけで稼ぐ場合、1通あたり30円前後(100文字前後だそう)とのこと。そこに画像を添付すると+10円くらいになるらしい。(ウーむ、なかなか美味しいじゃないか?)

しかし、ニコちゃん2号がもしメールレディとなって誰かとメル友になった場合、相手は、ニコちゃん2号にメールレディから電話レディやスカイプレディになってくれるよう要求してくる可能性大で、『○○の写真を送ってくれたらン円はらうよ』『会ってプニプにしてくれたらン万円はらうよ』というふうに言われたら、ニコちゃん2号は何のためらいもなく相手の要求に従うだろう。

そうなってしまっては、ニコちゃん2号は○いしゅん婦となんら変わらない。個人契約だから、ニコちゃん2号がすぐさまお縄になるような事はないだろうが。。。

メールレディ自体は危険なお小遣い稼ぎではない。
しかし、境界性人格障害者は、相手の要求に応えることに救いを求めるから、ニコちゃん2号はすぐにでも相手に会ってしまってプニプニしてしまうだろうから、家人(配偶者・子ども・親)を地獄に引きずり込んでしまい、きっかけとなるメールレディの小遣い稼ぎは危険という結論となってしまう。
そして、お小遣いまでもらえて買い物ができるとなれば一石二鳥、ニコちゃん2号はメールレディ依存症になってしまうだろう。

レンタル彼女も然りだが、年齢の壁(と容姿)に阻まれて、こっちはそう簡単にはいかないだろう。

あと、TVなどでお小遣い稼ぎとしてTV等で紹介された『愚痴聞き(リスニングスタッフと言うらしい)』は、ニコちゃん2号のような病状・症状の人には絶対無理。
ニコちゃん2号は、真剣な顔をして人の話を聞いているようにしか見えない顔をしている(フリが出来るのです)から適材適所だが、家で暴れている時に(愚痴を言いたい客から)電話がかかってきても到底対応ができないと思うから。。。

保証人紹介ビジネス

一人暮らし・親きょうだいのいない天涯孤独の身・頼れる友人がいない等々の人が、入学・就職・入院・入居等々をする時の『保証人』になってあげることで1件につき5,000円~10,000円が入るらしい。

(美味しい!と思ってはいけませぬぞ~、名義貸しだからね♪)

今回、ニコちゃん2号は、ナントカかんとか保証会社から、

連帯保証人ではなく保証人ですから、相手の会社や病院から緊急電話が入ればうちの会社に連絡を入れてくれるだけで良いんです。後はこちらで対応しますから大丈夫です。入院時の保証人なら8,000円、入学時の保証人なら5,000円、賃貸時の保証人なら10,000円です。

と言われ、やる気満々になっている、とその母親が言う。

入学・就職・入院・入居等々、どれも、どこの馬の骨(失礼)とも分からない人と、文書だけで契約を交わすこととなる。(コワイこわい)

スポンサーリンク

つまり、イメージとしては、こんなん↓

世話焼きおばば:
天涯孤独さん、入院するから保証人を探してはったなあ。
それやったらエエ人知ってるから紹介してあげよか?

天涯孤独さん:
ホンマでっか?
よろしゅう頼むわ。

世話焼きおばば:
ニコちゃん2号さん、ちょっとした小遣稼ぎせえへん?
1週間くらい入院する人がおるねんけど、保証人が要るねんてぇ~、連帯保証人と違うで。
入院するためにはどこでも『保証人』が要るやろ?
すぐに退院するんやから、サインしたってぇ~な。
入院申込書は、ウチが天涯孤独さんから預かってくるから、サインするだけや。
天涯孤独さんは、タダでは悪いから少ないけど10,000円の謝礼をしたいって言うてはるし、どう?

ニコちゃん2号:
サインしただけで10,000円やったらするする。

世話焼おばば:
天涯孤独さん、ニコちゃん2号という人がサインしてくれはるって~。

天涯孤独さん:
ホンマでっか?おおきにおおきに助かりますわ。
そしたら無事入院できたら、世話焼きおばばさんには、30,000円くらい謝礼せんとな~。(おばばが20,000円儲けるという訳)

で、怖いのは入院申込にサインをした後だ。

おばばは口を利いただけだが、当事者になるのはアカの他人同士の天涯孤独さんとニコちゃん2号だ。

天涯孤独さんが、
1週間の入院で無事退院してくるなら全く問題はないが、もし亡くなるようなことがあった場合、ニコちゃん2号は、ご遺体を引き取り、医療費全額を支払わねばならない。ご遺体搬送費は管理人が知る限り1回60,000円くらい。
医療費については、代理人として高額療養費を申請して後から還ってくるとしても、天涯孤独さんが高額先進医療を受けていたとしたらそれは実費になる。もちろんニコちゃん2号は相続人ではないので、すぐには天涯孤独さんの預貯金からは支払われない。

不思議なことに、亡くなった人が財産を持っている場合、相続人となり得る親族がどこからともなく出てくるが、欲ボケした親族なら、亡くなった人の医療費などは絶対支払わない。『アンタ、保証人だろ、ワシャカンケーねえよ。』などと言って支払おうとはしない。
だがこの場合、メンドクサイが、相続人に抗弁権(財産を押えることを主張できる権利)が使えるから、病院側には『親族さんに請求してください』と主張することで医療費の支払いからは逃れられる。

天涯孤独さんに法定相続人も欲ボケ親族も居なくて、入院費用くらいは支払える預貯金を蓄えていたとしたら、『保証人であるニコちゃん2号』は抗弁権使えるが(裁判になるのかな?)ここは詳しくはないためこれ以上書けないので悪しからず。

ということで、保証人になるのは、ン十万以上~百万二百万の支払になる危険があるということ。

ニコちゃん2号はいつ地雷を踏むか分からない。
大人のニコちゃん2号を見張り続けるのは不可能というもので、その尻拭いに奔走する母親の苦労は絶えない。



スポンサーリンク


0
     

関連記事(一部広告含む)