サイコパス並みの自己愛性人格障害者―見抜いたあとの対応策は全滅か?―しつこさに負けてしまう①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

サイコパシー自己愛性人格障害者は
自己愛性人格障害者と同じ意味で使っています♪


人をイジメて喜べる精神病者

集団による仲間はずし

みなさん、
・目を合わせてあげない
・挨拶してあげない
・話しかけてあげない

こんな事を調子にのって、自己愛性人格障害者というサイコパシーにやっていると、管理人のように集団による仲間はずしという返り討ちに遭って深手を負ってしまいます。(以下で書きました)。

最強防御法だと思った―サイコパシー自己愛性人格障害者を無視する作戦
自分がナルシストになってサイコパシー自己愛性人格障害者を無視しよう?1. 自分を捨てる 2. 人の道をはずす 3. サイコパシー自己愛性人格障害者になる ↑ こんなことができるだろうか?? (2.人の道をはずすと3.サイコパシー自己愛性人格障害者になるは現実性が低いので無視して...

上記記事では、社で役付きをしている自己愛ハンニャの黒い意図を感じた社長が、集団による仲間はずしの設計図とも言える役割担当一覧表を廃止するよう自己愛ハンニャに指示した、と書いたが、先日なんと、再び社長の机の上に役割担当一覧表が置かれていた。(↓以下の記事で詳細に書いています。)

仲間はずし―サイコパシー自己愛性人格障害者のお家芸―見事すぎる!
脳幹レベルのアタ~ックぅ―人間ならオリンピック選手でも避けられない(仲間はずれ。。これ辛すぎますね。○にたくなったり、憎しみの塊になったりしてしまうかもしれませんね。) サイコパシー自己愛性人格障害者は、人格否定しようがおとしめようが自慢話しようが、自分が絶対勝...

自己愛性人格障害者はストーカーです

自己愛性人格障害者というサイコパシーはシツコイ。粘着質。執念深い。ストーカー気質。。ストーカー並み、ストーカーそのものかな?

狙った相手を倒すまで=ワガママが通るまでは絶対へこたれない(コワイこわい)。
その強靭さは本能から出ているから、自己愛性人格障害者は、命ある限り挑戦し続ける事ができる(ここが厄介なのよねえ)。
オリンピック選手や偉人・英雄並みの精神力に匹敵するかに思える。

ゾッ!こわいッ!と感じて、もう会社に行けなくなってしまった人がいるかもしれない。
また、全身にジンマシンが出てしまって重い体を引きずって会社に行き続けている人がいるかもしれない。

うちには、精神を病んで(うつ病を繰り返して)亡くなってしまった人もいる↓。
(以下に、『あの子にコロサレル』と訴えていたが実際に亡くなってしまったうちの社員の事を書きました)

サイコパシー自己愛性人格障害者の生存戦略―本能次元から出ているものだから人間なら勝てる事がない?
悲しくも辛くもないのに泣いてみせたサイコパシー自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャ以前に、サイコパシー自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャにガンジガラメにされていた教イゾンさんを私等が介抱したことを書いたが、 今回は自己愛性人格障害者にボロボロにされて亡くなっていった教イゾンさん自...

仲間はずしの復活

(うちの会社の話です)

平成29年2月に集団による仲間はずしというパワハラの辛さを、このブログで何回か書いたが、2年間くらい続いていたその非人間的な手法は、社長が知ることによって去年くらいに廃止となっていた。
しかし、自己愛ハンニャによるその非人間的な手法が再び、今年(この記事は、平成30年10月に下書きした記事です)生き返ろうとしている。

今回、自己愛ハンニャが勝手に役割担当一覧表を作って社長の机の上に置きに来たかもしれないが、そこには、何としても管理人を排除したい、諦めない、という臨戦態勢がみて取れる。

ぅおのれスポックめぇ~~、というところだろう。

何なに?『顧客接待:自己愛ハンニャ部長』としてるやん(予想通りだけどねえ)。
そして『役割担当一覧表』には、名前が記載された人だけに昼食があたる、という意味のことを書いている。管理人の名前は勿論書いていない。

通常、企業などでは、社員なら誰でも何らかの役割があるから、『役割担当一覧表』には全員の名前か一括して部署名を載せるだろう。
自治会やPTAなどでは、その年の会則の担当一覧には、役員(=役にあたった人)の名前だけが載る。

しかし、わが社の担当一覧には、管理人の名前だけが載っていない(わたし、社長秘書でっせ~)

スポンサーリンク

業務命令などへのカッパ

社長が、自己愛ハンニャに何度も何度も何度も

・顧客接待役は社長と管理人である事
・管理人が社長秘書である事
・管理人が社長にヘッドハンティングされた事

という事を言っているが、聞き入れる事は断じてない。通じない(業務命令違反で解雇やねえ。。。)

精神疾患の妄想と自己愛性人格障害者の空想

自己愛性人格障害者は空想の中で生きている。本当の自分と空想の中の自分とを区別できない(by加藤諦三)。

これ、よく分かる。
むかし。。。空想の中でしか生きる事ができなかった人が、自分はスーパーマンだと思い込んでいたことから、ある日、ビルの上から飛ぼうとして転落して亡くなってしまったという話を聞いたことがある。言葉は悪いが、そういう人を、世間では基地外と呼んでいた。

ン十年まえに、管理人の近所にトウシツの人が居て、『私は天皇陛下である』とか『私は釈迦の生まれ変わりだ』とか言ったりしたのを聞いたことがあるが、自己愛性人格障害者の空想は、そのような妄想とは違っていて、『自分が能力がある人物説を流布するために人を貶める』という手法を使うから見破りにくい。

うちの自己愛ハンニャのような↓

社長秘書である管理人の前で、電話の相手に『私は社長秘書です』と口走った

というふうなものが、自己愛性人格障害者の空想なのだろう。

こういうことなのかな?

(手前味噌の話も入っています♪)

アタシ様が一番優れている

社長が一番権威のある人物

優れたアタシ様が権威ある社長秘書になるべきだ

社長秘書のスポックさんは邪魔だ

スポックさんは『こんな悪人で能力がない』と根回し流布する

信じる人がいない

自己愛性人格障害者は、役割分担一覧表を思いつく

集団による仲間はずし成功

権威ある社長から、役割分担一覧表を廃止させられる

自己愛性人格障害者は(おそらく)嫉妬と敗北感の毎日

自己愛性人格障害者は、空想を膨らませ続けるしかなかった

『私は社長秘書の自己愛ハンニャと申します』と口に出る

『やっぱりスポックさんが社長室で仕事をしている』と現実に引き戻される

自己愛ハンニャは『スポックさんを引きずり下ろさねば!』と思う
しかし、『実力差は雲泥、スポックさんには人望もある』

自己愛性人格障害者は、集団による仲間はずししかない!と思う

で、自己愛性人格障害者は、執念の『役割担当者一覧表』を作ってしまったのだろう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
     

関連記事(一部広告含む)