前頭葉機能不全感丸出しの対応―言葉が通じないお役人―”お役所仕事”という病気なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  


言葉が音にしか聞こえない―ボーダー症状を持つ上司とおんなじや!

千葉県野田市立小4年生の栗原心愛さんが亡くなった。
父親から暴力を受け続ける幼い子どもの恐怖を想像するだけで胸が締め付けられる。

怖かったね、痛かったね、辛かったね、寂しかったね、助けてくれる大人が誰もいないと分かった時の絶望感は辛すぎたよね。。。

その父親、母親、親族、学校、教育委員会、近所の人達、児童相談所、マスコミの中で、まともな人=人間と呼べる人が居たのだろうか、と考えてしまう。人間は居なかったのではないか?

昭和時代~平成時代の法務省の報告書では、いつの時代でも残忍なことが起きていたのが分かる。

管理人は約60年しか生きていないから、また、狭い人間関係とマスコミからの情報でしか世の中を知ることしかできないから、全く主観だが、この30年の間に世の中が急速に変わったと感じる。黄泉の国か賽の河原に来てしまったか!?感がある。

理科の実験でカエルを解剖するような感覚で人をあやめる。
生んでもらった親をあやめる。決して介護疲れなどではない、ムカついたから。。という理由で。
生んだ子をあやめる。決して、障害児のわが子が不憫だから、という理由ではない。

そして、何が一番賽の河原かと言うと、学校・教育委員会や児童相談所という公的機関とマスコミのレベルの低さだ。哺乳類ではない!と思ってしまう。(あんたら、ホモサピエンスじゃねーしっ!)
学校・教育委員会や児童相談所のお役所仕事とマスコミの人権侵害(被害者の顔まで掲載する)にはメチャクチャ憤っている。

最後の砦の先生に『お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか』というSOSが文書として残っているにも関わらず、あの対応だ。

スポンサーリンク

役人は書類が好き

おやくにんは、書類を揃えるのが仕事、と思っているのではないか?
役人はこんにち、もはや、全体の奉仕者、ではなくなっている(そういう意識は無いんちゃう?)。

うちの会社の専務・ゆでガエルを見ていてそう確信してしまう。

https://ogyk.net/column/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%8B%EF%BC%81%E2%80%90%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%84%9B%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85/

ゆでガエルは、10年ほど前に、先代の社長がどこぞの役所から引っ張ってきた人だが、ゆでガエルは二十数年間、役所勤めをしてきているから、ちゃぁ~んとヤクニン体質を身につけている。

書類が好き、マニュアルが好き。その好きなものを作るためだけに会社に来ているから(そのようにしか見えない)、欲望のままに動いている何らかの生物みたいなものだ。人間ではない。

彼は、いつも何かを作っている。作っているが、管理人はそれを見た事がない。
あっ、ひとつあったっけ♪忘年会での席順を。
忘年会だから、役付きにはみんなが気を使って適当な場所にさきに座ってもらうし、その他の社員は、その場で各人が適当に座るし、途中は適当に動いたりするから、『席順表』など全~ッく必要ないのに。

彼は、〆日毎に、社長に各部の売上を聞きに行き、それをExcelで統計資料を作りカラー印刷した後、自身のコレクションにしているバカモンだが、専務でありながら(管理人が知る限りの6年間)、社員に檄を飛ばしたこともなく、社員を育成したこともなく、営業を取ってきたこともなく、ただひたすら何かの書類を作っているだけなのだ。

管理人は、入社したての6年前頃に、ゆでガエルが専務という役職を持っていることから、自身の仕事(社長の秘書)のことで彼に相談したことがあった。(のですが、こんな会話になってしまいました↓)

管理人:
社長から、バーカボーン商事、ウッカリ商事に行って、営業してきなさい、と言われているんですけれど、ここはゆでガエル専務さんの担当ですよね。
各社長に、今日中に1本電話を入れておいていただけませんか?明日お伺いしますので。

ゆでガエル:
あっ、ちょうど良かった、スポックさん(管理人のこと)、営業マンがどうしたらもっと営業が取れると思いますか?(人の話は、音としてしか耳に入らない)
今年も目標を達成させようと思っているんですが、みんなの成績があまりかんばしくないのです。

管理人:
あのお?聞いてくださってますか?

ゆでガエル:
聞いてますよ~(音は入ったよ~、という意味でしかない)
それでね、どんな作戦があるか、スポックさんの話を参考にさせてくれますか?(と言って、何かをびっしり書いてある大学ノートを持ち出す)

という感じになり、お願いした電話1本は、当日になっても0本で、結局、バーカボーン商事、ウッカリ商事には自分で電話を入れてから営業に行ったのだが。。。帰ってきてから↓

スポックさん、バーカボーン商事とウッカリ商事さんの契約はどうでしたか?成立しましたか?

というものだった。(ボンクラすぎてお話にならない。)

水銀スイッチをもつ境界性人格障害者らしきゆでガエル

持っているスイッチが液体の水銀になっている爆弾と同じだから、いつ爆発するか分からないゆでガエル。

ゆでガエルから、『スポックさん、バーカボーン商事とウッカリ商事さんの契約はどうでしたか?成立しましたか?』と聞かれて、カッ、チーーーンときた管理人は、低ぅ~い声で、ゆっくりと、静か~に、しかも遠慮気味にこう↓言った。

契約を成立させるのは、私ではなく専務だと思うのですが。。。

するとゆでガエルが↓

(一瞬で)あなたねえ!(メチャクチャ興奮している)社長から、バーカボーン商事とウッカリ商事に行って営業してきなさい、と言われたんでしょッ!!!あなたの仕事でしょッ!!!

と喚くのだった。(かんぺき○チガイです♪)
好きな書類作りだけをやり、感情の揺れるままモノを言う。(理性とかないの?)

眠たくなれば眠る、お腹がすいたら食べる、身体がかゆくなればかく、子孫を残す、本能のままに好きなことだけする等々は、われわれ人間だけでなく動物もやっている。
ゆでガエルは、人間の形はしているが、やっていることの中に人間の部分がない。(大脳皮質を使わないのかな?)前頭葉機能不全だ。

オヤクニンが全員、前頭葉機能不全だと言うのでは勿論ないが、30年もオヤクニンをしていたわが社の専務・ゆでガエルの不全感と教育委員会や児童相談所という公的機関の職員(一部の人かな?分かんな~い)のそれが重なってしようがない。

栗原心愛さんに対する対応の仕方はこう↓だったんじゃないのかな?

好きな書類が手元に来た

『それに対する書類を作らなきゃ』と思う

『イジメはありませんでした』という書類を作って満足する

一応家庭訪問もしないといけないから、家庭訪問したよ、という書類を作りさらに達成感を覚える

(ダミダ、こりゃ~)



スポンサーリンク


0
     

関連記事(一部広告含む)