サイコパシー自己愛性人格障害者の尊大な文章に度肝を抜かれた―美辞麗句の寄せ集め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

サイコパシー自己愛性人格障害者は
自己愛性人格障害者と同じ意味で使っています♪


尊大な文章・言葉・態度

↓不当解雇裁判を闘っていた時のピンハネ商事のゼニ亀社長が社員に配っていたコビだんご

ぅわははははーーーっッ!

召使いどもよ、
あたし様はすごい人物なのだ、お前らはあたし様にひれ伏せぇーーッ!(サイコパシー自己愛性人格障害者の脳ミソの中)

(↑というふうなB級映画でも観たんかわたし??と錯覚するくらいの日本語に遭遇しましたので記録しておきます♪)

わが社のサイコパシー自己愛性人格障害者=自己愛ハンニャのその脂肪の塊からは、いつもヘンな音が(声が)出ている。
また、話す日本語もそうだが、使う文章もこっけいな位尊大で、本日とにかくビックリした(大爆笑したのですけれどね♪)。

サイコパシー自己愛性人格障害者の使う日本語

単に住所変更をしにきた社員に向かって↓

自己愛ハンニャ:
変更したという根拠を持って来てください。根拠よ根拠。でないと受け付けられません。

すでに社員だから住民票など要らないし根拠なんて要らんはず!(”その根拠は?”という根拠返しでもしますかね♪)

サイコパシー自己愛性人格障害者の書く日本語

あ~ムズムズする。
自己愛ハンニャが書いた指示文があるが、それをそのままアップすると会社名が特定されてしまうからアップできないのが残念。

ちょっと加工すると、こんな感じ↓

自己愛ハンニャ:
社長は今回、私たちに○○という目標を下された。

私たちは、この○○という数字が我々をして自己実現の完結を見るという、幸福感をいただけることになるのだ。

否、これは、私たちのみならず、その家族をも救っていくという、偉大な数字なのだ。

私がそう理解したように、みんなも肝に銘じてください。

これ。。社報だからね。。。

(普通の会社の総務や営業部からの連絡はこんな感じでしょ?↓)

≪通達≫
各営業部長殿 平成29年1月25日

平成29年2月の目標は○○。
A営業部 ○○
B営業部 ○○


毎週報告は月曜日と木曜の17時までに各営業部長は専務=ゆでガエルまで。

尚、報告書の大きさはB5からA4に変更されましたので用紙は自己愛ハンニャまで取りに来てください。

総務・庶務 自己愛ハンニャ

うちの社長は↓

社長:
上司にサイコパシー自己愛性人格障害者のことを理解してもらう自己愛ハンニャさんはいつも何を言っているのか全く理解できない。

と言い、

ある人は↓

社員A:
上司にサイコパシー自己愛性人格障害者のことを理解してもらう読むと気分が悪くなる。

と言う。

またある人は↓

社員B:
上司にサイコパシー自己愛性人格障害者のことを理解してもらうこの人頭おかしいの?

等と言う。

サイコパシー自己愛性人格障害者の態度

大きく見せたい!立派に見せたい!有能に見せたい!という欲望しか持っていない自己愛性人格障害者は、その振る舞い?生態行動もウザイほど大風呂敷だ。

海外支店からユーモア・ローリーさんがきた時に私が彼女と話していると、どこからともなく自己愛ハンニャが降臨してきて、英会話ができない自己愛ハンニャは身振り手振りで自己紹介を始めたことがあった。

自己愛ハンニャ:
アイアム え~と、Mrs.zikoai_hannya.
え~と、アイアムソーリーヒゲソーリー海辺のみなさんゴムソーリ

スポックさん(私です)より能力があるアタシ様というところだろう。

また、私が社長から指示されて取引先に出す原稿を書いて社長の机の上に置いて帰ったら、翌日↓

自己愛ハンニャ:
“スポックさんが間違っていた箇所を訂正しておきました。”

とメモ付きで勝手に添削されていたこともあった。(シェーーーーッ!)

ストーカーだ!

そう!自己愛性人格障害者の行動自体がストーカーなのだ!(机の引き出しを物色されていたのが分かったのは随分後のことでした。)

こうやってブログで自己愛ハンニャのことを文字にしていくとその異常さが明確に浮き彫りにされて↓

自己愛ハンニャは間違いなく人格障害者だ!

との確信を得ることができる。

(この確信を、きちんと社長に説明できるようにするために幣ブログに留め置く管理人でした。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
     

関連記事(一部広告含む)