最悪ループ―自己愛性人格障害者と境界性人格障害者との組み合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

自己愛人生劇場

やぁ~るとぉ♪
おもえぇば~♪
どこまぁでぇぇやるさ~♪
そぉれぇがあ~♪
ハンニャのぉ♪本能じゃあないかあ~♪

自己愛性人格障害者は、本能だけで生きている(としか思えない)。
自己愛性人格障害者は、闘争の世界で生きている(イキモノだ)。
自己愛性人格障害者は、人間が幸せに暮らしている世界を戦いの場にする。

ここで、登場人物のおさらいを。

《キャスト?》赤字は、社の主要な役職をもっている。

営業部長:自己愛ハンニャ(自己愛性人格障害者)
営業部長:ノーカンメ(発達障害系)
副社長:ボンクラーノ(発達障害系)
営業部長:ゆでガエル(発達障害系+ボーダー)
営業部長:ニコニコ仮面(ボーダー)
営業部長:ウームマンダム氏(なんか持ってる)
営業部長:コウモリ人間(なんか持ってる)
営業部長:ウテバヒビキ君
営業部長:キララちゃん
営業部長:サイバーおしん(耐えすぎ)

サイバーおしんの部下:スポック(管理人、なんか持ってるかも)
自己愛ハンニャの部下:ウチマタ膏薬(オバタリアン系)
自己愛ハンニャの部下:イマドキノ子(なんか持ってる)

先おとつい、自己愛ハンニャとニコニコ仮面が密談しているところに遭遇したが、何やら黒いオーラを感じた私。それで、そのオーラの事を、今までのいろんな事件を下地にして妄想したことを書こうと思う。

しかし、妄想を書く、とはいっても実際に自分が聞いたり人から聞いたりして、自己愛ハンニャの口から出た日本語(によく似た言葉)を使っている。(その独特の節回しを研究していただければと思う。)

自己愛ハンニャ:
スポックさんは、虎の威をかりて(社長に引き抜かれたことで)偉くなったように勘違いしてるねん。

私は、ホンマに仕事は全てを投げ打って一生懸命がんばっている(※1)のに、社長はスポックさんの方を評価するねん。

スポックさんは自分だけの事しか考えない人やのに。。。私はみんなのためを思って頑張っている(※2)のに。。。

(ポロっと涙を流す(※3))

(※1) 
どう頑張っているのか、具体性がない

(※2)
みんなのためを思って」=あなたのためを思って(あなたのためなのよ)は自己愛性人格障害者の妄想であり、また自己愛性人格障害者の必須定型文だ。どの自己愛性人格障害者も必ず使う。100%間違いない。(自己愛性人格障害者の症状だからねえ、人種を超えて全世界共通のはず!)

で、この定型文を翻訳するとアタシ様がみんなが給料がもらえるように会社を支えてあげているという意味だ。そして本気でそう思っている(ここが厄介なのよねえ)。

(※3)
自己愛性人格障害者が涙を流す」のは、演技という一つの自己防衛手段だが、ターゲットをおとしめるために自分が被害者を演じるための一つの生存戦略だ。

(男性は、美人は許せる?騙されてしまう?かも?○サイクでもOKですか?)
 

ニコニコ仮面:
自己愛ハンニャさんは頑張ってますよよね。
ニコニコ仮面には、人を見抜く目がついていない(精神年齢は2才くらいだと思う)。
社内で自己愛ハンニャをほめるのは、唯一ニコニコ仮面だけだ。

(ほめんじゃネーよ!自信を―エサを与えてしまうだろうが!?)

自己愛ハンニャ:
えぇ~そぉお?デヘへェニコニコニコニコ~
(ああ、やっぱりアタシ様は社内一、いや世界の中でも優秀な人材なんや~ニコニコニコニコ~アタシ様がいるからこそ、この会社が発展し続けられるんや~)
(ほらぁ~)

普通、上司や同僚から目の前でほめられたら、日本人が持つ伝統的な美徳が「いえ、そんな事ないです。。」と言わせるし、照れくさいものだ。

ところが、自己愛性人格障害者は「頑張ってますよねえ」レベルのほめ言葉を真にうけるし、それに対して尋常ではない喜び方をする。

ニコニコ仮面:
(社長の親戚に嫁いだ)自己愛ハンニャさんの娘さんはお元気ですか?
ニコニコ仮面は、人の娘などには全く興味がないはずなのに興味があるフリをする。
こんな事ばかりして生きてきたから爆発したにちがいない。

自己愛ハンニャ:
(エッヘン)アタシ様は社長と親戚(血縁なしの遠ーーーい親戚)なんやから、スポックさんではなく(スポックさんに勝っているのだから=上だから)アタシ様(こそ)が社長室で仕事をする(偉大な)人だと思ってたのに(涙ポロポロしくしくし~)

自己愛性人格障害者が獲物をし止めるときで書いたが、自己愛性人格障害者は、上のように被害者を演じながら、ターゲットのあなたを極悪人にするための悪口・噂話をばら撒きちらすことに○チガイじみた努力をし続けることが出来る。そしてあなたが周囲に相談する前までに、あなたは完全に極悪人になってしまっているのだ。

自己愛性人格障害者の○チガイじみた努力

自己愛ハンニャは、現社長が就任する直前(私が入社する直前)に昇進して、現在の10名の営業部長の中に名を連ねたという。
(前社長の前で鳴きましたんかいナ?賢こいアピール?横取り作戦で業績あげたとか?。。)

そして、出世して営業部長になった自己愛ハンニャは、他の営業部長たちをアゴで動かそうとしていたようだ。(私、自己愛ハンニャが(こいつらやったら)チョロイな。と言っていたのを明確に記憶していますもので♪)

自己愛性人格障害者が曖昧な言い方(※4)しかしないのと、自分が入社したてで仕事を覚えるのに全力投球していたのとで、何が「チョロイ」のかな?「??」というだけで確かめようとはしなかったが、とにかく記憶に残っている言葉だ。

(※4)自己愛性人格障害者の曖昧な言い方
例えば、自分が被害者になるための工作が必要だから、こんな感じ。

上司:
Aを用意してくれたか?

部下:
Bが必要じゃなかったんですか?

上司:
じゃいいよ(はぁ~あ、とため息をついて相手に自責の念を起こさせ、チッ!と言って相手に恐怖を与える。)

後日Aが必要だったことが分かって

上司:
おれはAを用意するように言っただろ!上司の指示を聞かない部下がいるからおれが恥をかいただろ!

という感じ。

自己愛性人格障害者は工作員なのだ♪

(話がそれました。確かに下の7人はチョロく見えるかも。)

ノーカンメ(発達障害系)
ボンクラーノ(発達障害系)
ゆでガエル(発達障害系+ボーダー)
ニコニコ仮面(ボーダー)
ウームマンダム氏(なんか持ってる)
コウモリ人間(なんか持ってる)
サイバーおしん(耐えすぎ)

そうしたところ思わぬ敵が入社してきた。スポックだ(私です)。

私が入社してしばらくしてから(自己愛ハンニャは「このチョロイ7人」に何を吹き込んだんや?)

ノーカンメ(発達障害系)
ボンクラーノ(発達障害系)
ゆでガエル(発達障害系+ボーダー)

この3人は、私に挨拶してこなくなった。勿論こちらから挨拶しようとするが目を合わせてこなくなったから今も挨拶することがない(人生で初めての経験です)。しかし、この3人は、陰では自己愛ハンニャの悪口を言うようになった(しかも私にでっせ!?)。

ニコニコ仮面(ボーダー)

誰にでも(節操なく?)ニコニコ挨拶するから、今も挨拶はしている。

ウームマンダム氏(なんか持ってる)
コウモリ人間(なんか持ってる)

急によそよそしくなった。しかし、コウモリ人間は(さすがコウモリ!)、陰で(私に)自己愛ハンニャの悪口を言う。

サイバーおしん(耐えすぎ)
ウテバヒビキ君
キララちゃん

この3人は、自己愛ハンニャに取り込まれなかった。

入社当時、私が仲良くしていた、
ウチマタ膏薬
イマドキノ子


この2人は自己愛ハンニャに取り込まれた。

(スゴイ根回し術だ!)

この5年間で、(私が知る限り=目に見える範囲で)7人もの人が私を避ける(腹に一物もっている印象を持つ)ようになったが、自己愛ハンニャが死にもの狂いの努力でエネルギーを使って根回しに時間を使ったのだろうなと考えると寒気がする。

そして、7人のうち5人が役付きで権限ある立場のイキモノだから、自己愛ハンニャが『権限ある集団による仲間はずし』ができてしまうのだ。

(集団シカトされている時期はおもしれーじゃねーか!上等でぃ!と、受けて立っていたが、その時の私の脳内はノルアドレナリンが充満していたと思います。。。)

今ニコニコ仮面が壊れてしまって大暴れしているが、人の愛情にしがみ付くボーダーしがみ付かれて喜ぶ自己愛性人格障害者との組み合わせが出来上がったことで、社内にあらたな複合モンスターが出現したというところ。これからどうなるのか?ちょっぴり楽しみでもある。

0

スポンサーリンク

スポンサーリンク