架空請求業者との闘い―自己愛性人格障害者と闘うより数倍楽だった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  


サギ師に匹敵する自己愛性人格障害者―凌駕するかも

別サイトのここに書いたが、これは今から13年前の話。管理人も架空請求業者と闘った(?笑)ことがあって、その様子を書いた。
相手のサギ師は、お金を取れないと分かった時点で、○ンピラ感を丸出しにしてきてマキ舌となり、悪態をついた暁に捨て台詞を残して電話を切ってしまった。(根性なしめ、自分から切ったら負けや、論破して来いよお前。というところでしょうか。)

最後は、

なんじゃこのオバハン!ガチャッ!

だった。

ネットには多くのYou tuber(個人・弁護士・テレビ局・政治家等々)が架空請求業者をおちょくっている(?)動画をアップしているが、400万回とか、700万回とか、すごい数字をたたき出している。なるほど!目の付けどころ、発想が面白い。

管理人が架空請求業者なるものを初めて知った13年前にはYou tuberは存在していなかったが、管理人が架空請求業者をおちょくった時の動画があればYou tubeにアップしたら面白いだろうなあと思う。

サギ師(犯罪者)達は、

あなたは自分の意思で会員登録した。
そして料金が未納になっている。

と言うが、こちらが動画しか観ていなければ(利用規約画面が出て来なければ=探さないと見つけられない利用規約画面は違法だから)全~ッく支払う必要などない。

また、そのサイトに携帯電話番号やメルアドを入力しただけでは、こちらのIPアドレス(あと使用しているキャリアやブラウザ等)しか分からない。そう、彼らサギ師は、ブログ等に貼っている解析ツール並みの情報しか持っていない。

解析ツールの結果だけを見て、サギ師どもは、こう↓言う。

使っている端末はドコモでしょ。
Safariで観たでしょ。
何時何分に埼玉県で観たでしょ。

と。

(ふざけんなお前、解析ツールみてんじゃねーよ~)

IPアドレスからお宅を特定できますので訴状を送ります。

(↑これ腹たつわぁ)

一般人が、そのIPアドレスからそこの住所を特定するなど絶対できない。
したがって、訴状がくることは100%ない。(コワイ人も来ない)

架空請求業者は○になさい。と言ってもどこの誰かどこに住んでいるのか分からず、その身柄を押さえることができないから、やっぱりおちょくって遊んでネットに晒してみんなで大爆笑するのが一番良い方法なのかな?(うぅ~お縄にしたい!)

人々を恐怖で縛り金品を巻き上げる輩は本当に許せない。

スポンサーリンク

因みに、
ホンモノの訴状は封書でくる。

赤字で特別送達と書かれていて、切手の箇所は切手だったり料金後納だったりする。

で、必ず○○裁判所と書かれている。

(管理人は、何度も訴状を出したり受け取ったりしているものですからチョッピリ知ってしまいました♪)

○○裁判所からのものは書類で(封書で)送られてくるが、その内容は、

原告はスポックさんで、あなたは被告の自己愛ハンニャさんですね。
平成30年1月1日に口頭弁論を開くから来なさい。
もし原告のスポックさんに反論があれば反論文をその2週間前までに裁判所に出しておきなさい。(趣旨)

という呼び出し命令となっているはず。

最近は、架空請求サギ業者から、自分の住所に自分の名前宛でハガキがくるそうで、

消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ
(わ)123

顧問弁護士

連絡なき場合は、原告側の主張が受理され、給与等の差し押え


取り下げなどのご相談につきまして
プライバシー保護のためご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます。

取り下げ最終期日 平成30年10月25日
営業時間 9:00~20:00 03-35○○-1234
法務省管轄 民事訴訟告知センター
東京都千代田区霞ヶ関2丁目8番1号

↑(先に、このオモロイ内容に大爆笑させてください。あははははははーーッお前バカだろ!?)

おそらく、ハガキを受け取った人は、自分の家に自分宛に知らないオジサンから送られて来たことが一番不気味に感じる(と思う)。

そして、

もしかして、連絡しなければもっとコワイおじさんがうちにくるんかもしれな~~ィィ~コワいよう~

となって相手に電話してしまう(ように思う)。

このハガキは、いわば、『カモ認定テスト』『釣り人が撒く「撒き餌」』。

大事な事は、自分の個人情報は、すでにサギ師達に流出してしまっている、とまず認識すること。
ペンタゴンや自衛隊もヤラれるのだから、私たち弱者の情報など、もうすでに出回っている。
(まず役所の戸籍係、怪しい~。)

・『住所・氏名・生年月日・電話番号』等々を、あなたは自宅PCやスマホから入力したことがある(100%に近いかな?)
・携帯・スマホを購入した時『住所・氏名・年齢・電話番号』等々を携帯会社に教えた(100%)
・役所に出生届・転入届等々をした(100%)

という人は(日本国民全員かな?)、『住所・氏名・生年月日・電話番号』程度の情報はサギ師に晒されていると考えた方が良い。

で、とにかく住所録を手に入れたサギ師どもは(あっ、東京在住のね)、それらを筆グルメ等のソフトに打ち込み(ご苦労さんやねえ)、プリンターのインク代を相当使っていると思うが、一斉ダイレクトメール(と昔は呼んでいた)を私たちカモにばら撒く。

昔のダイレクトメールは単純に商品の御案内だった。

管理人は昔、ダイレクトメール業者に『なんで私の名前と住所知ってんの?』という電話を入れたことがあったが、相手は普通の大手の通信販売会社のコールセンターに勤めている普通の女子社員(しろうとさん)だったから、こちらが追求しても『会社から与えられた資料なんです』程度の答えしか返ってこず、プライバシーポリシーも何も問えなかった(そんな言葉もなかったしね)。

だがしかししかし、上記ハガキは物販ダイレクトメールと違って恐喝だからね。
しかも捕まらないように名乗りもせず、一切の証拠を出さず、ひたすらワナにかかるカモを待つだけ。

≪カモメールの見抜き方≫
ハガキで送られてくる事はない→裁判所(=国家)が内容を第三者に見せることは絶対ない
・弁護士→悪徳栄みたいなヤツならあっち側に居るかも
・(わ)123→正しくは、平成○○年(ワ)第123号。第一審は(ワ)
・取り下げ→取下、差し押さえ→差押(何故かこう書く)
・法務省管轄 民事訴訟告知センター→存在しない
・東京都千代田区霞ヶ関2丁目8番1号→右京さん達のいる警視庁・外務省・総務省などがある一角
・営業時間→「営業」って、あなたねえ。。
・9:00~20:00→役所はこんなに一杯働かない
・03-35○○-1234→なんで東京なんでしょうかねえ?(棲家?)

裁判、給料の差し押えという言葉に恐怖を感じた人がサギ師に電話をかけてしまい、サギ師が立て板に水的なトークでさらに相手の恐怖をあおり、お金を巻き上げるという恐喝は許せない。

相手には、
・絶対に電話してはいけない。
・メールや郵便等でも返信してはいけない。
・ハガキは即、生ゴミと一緒に捨てよう(それで解決!)。

全国のカモメールはがきを全部集めることができたとする→指紋採取して前歴者リストと照合する、なんて事を考えたりするが(びん坊ちゃま並みの金持ちなら自分で出来るかもしれないけれど)、税金の無駄使い以上に人材の消費になるから(地震や台風で対応に追われているのに)現実には不可能(やっぱり単純に生ゴミへポイが一番合理的)。

(因みに、架空業者が潜んでいるアジトがどんなものかイメージできますか?)

(何とか荘みたいな)アパートとか、1ルームマンションとか、メンバーの家(部屋)とか、時には○ロント企業の一室とか、とにかく、会社の事務所の体をなしていないような所を想像してみよう。

そこに社員役と上司役の2人が居る。あるいは、誰も居ない。
そこに居なくても携帯・スマホさえあれば『はい、コールセンターです』とか『はいDMMコールセンターです』と言える。

(だから、相手と遊ぶ場合は、『もう一人の、え~っと何て言ったかな、さっきの人に代わってくれませんか?』と言うようにすると面白いかも。)

昔の『電話代行業』の説明を少々。
狭い部屋の机の上に10台ほどの電話機が置かれていて、そこにアルバイトの電話番を置いておく。
電話Aはウッカリ商事、電話Bはムッツリ商事、電話Cはピンハネ商事・・・と決められている。
アルバイトの電話番は、そこを間違わないように電話を取らなければならない。
ペーパーカンパニーがやる事だから電話番1人しか居ない、しかも電話代行業のアルバイト。

架空請求業者も、複数のサイトを掛け持ちでやっていたりするだろうから(だから大半が、使い分けがメンドクサイから『コールセンターです』としか言わないでしょう?)、別の架空請求業者に電話をした時に(あくまでも相手と遊びたい人が)『あれれ~ぇ、さっき電話した別の業者の田中さんですかあ~?あれれ~ぇ?一人二役やってんの?』なんて言うのも面白い。

相手が頭の悪いヤツなら、今かかってきた電話がどのサイトのカモ(失礼、客?)か分からなかったりするだろうから、『いやいやいや、その声はさっきの田中さんやん。アタシよ、ア・タ・シ。忘れちゃヤダぁ~。声紋鑑定機(何でも良いから科学の力を見せ付ける)で見てるから分・か・るの、ウソつきん、いや~ん』(とやってみたいが、管理人の声では○バア過ぎるから無理♪)

とにかく、架空請求業者は、十何台か知らないがスマホなりを持っていて、複数サイトを運営しているのは間違いない。
『コールセンターです』としか言わなかった業者に、短時間のうちに複数人で複数回電話をすると、きっと、ある時は電話中、ある時は誰も出ない、ある時は同じ声、という事が分かるだろう。
(管理人は、自分が今、大学生か独身ならYou Tubeにアップするためにいろいろやっていると思います。この遊び、メチャクチャ面白いですもん。)

もしかして、近い将来サギ師どもは、ハガキ郵送から一軒一軒の家庭訪問(昔の押し売り)に変えてくるかもしれない(あっ、NHKがもうすでにやっているか。。。)

NHKからの電波は止めてください―当方、テレビも買えない母子家庭に就き、受信料が払えません
『受信契約は義務』とのNHKの言い分―知らなかったで済ませて下さい(画像は、裁判所からくる特別送達の封書の例) NHKが受信料を支払っていない相手を民事訴訟で訴えている。 その言い分は...

そうなると、みなさんが子どもの頃の、親や大人の言いつけだった、

知らないオジサンと話したらダメですよ。

という家訓が生きてくる。

それを守るためには音声も保存できる録画機能が付いたインターフォンが必要になってくる。経費はかかるが、将来ン十万、ン百万の被害と比べたら安すぎるくらいだ。

(居留守で良いんじゃないですか?)

13年前、管理人は架空請求業者から、こう↓言われている。

・お宅の住所を特定した後、コワイ人が行きますよ。
・そうならないように私が何とかしてあげます。
・今なら私の力で40万を20万にすることができます。
・それでも支払わなければ強制執行かけて給料等を差し押さえますよ。

と。

(ふざけんな!)『カモンカモン、コワイ人』と言ったら、相手は動揺していたなあ。

当時高校生の息子が、その(えろ)サイトに書かれている『入会金・使用料40万云々』という文字をみて慌てて相手のサギ師に電話をしたことで自分の携帯電話番号を知られる事になってしまい、相手から頻繁に催促の電話がかかってきていたようだった。

息子は時給800円のアルバイトの身。しかも母子家庭の子。お金も無くコワイ父親も居ない。
ある日、息子はゲッソリやつれた顔で管理人にこう↓言った。

お母ちゃん、実は。。
変なサイトを観てしまって40万請求されてるねん。。。
知ってる人は、支払ったと言うてた。。
僕、40万も無理。。。

高校生の男の子だから、インターネットの普及で何でも観ることができる世の中、○○なサイトや△△なサイトは観ていただろう。しかし母親には言いにくい、また言えない。しかし『40万の請求』『コワイ人』『裁判』という言葉が襲ってくる。夜寝られなくなる。という状況が続き、とうとう息子は管理人に白状せざるを得なくなった。

で、(お前らお縄にしちゃる!)よっしゃ、お母ちゃんにまかしとき!となった。

スポンサーリンク

あれから13年経った今、この原稿を書くにあたって○○なサイトや△△なサイトを観てきて、『メルアドや電話番号』を入力するよう求められる事が分かったが、何も心配することはない。電話番号を相手に知られたからといって、相手のサギ師はショートメールを送ってくるか電話をかけてくるかのいずれかしかできない。

対策は簡単。

・相手からの電話には出ない。
・もし間違って出てしまったらイキナリ無言で『プチッ』と切れば良いし、ショートメールが来たら即削除すれば良いだけの事。
・楽しい時間を増やしたい人は電話に出て、サギ師をおちょくって遊んであげても良い。
(架空請求業者などを論破しているYou tuberのみずにゃん氏の動画は大変参考になりますよ。)

息子をヤツレ果てさせ、未だ多くの人を苦しめている架空請求業者だが、成敗(論破)するのは簡単だ。なぜなら、ソイツ等に『法治国家で違法行為をした悪人』という明確なレッテルを貼ることが出来るからだ。

ダマしてクリックさせお金を要求し、『コワイ人が行きますよ』と脅迫し、勤務中や夜(8時以降でしたか?)に何度も電話をしてくるなど、サギ、脅迫、恐喝、営業妨害=威力業務妨害(一昔前は口座を作るためにバンバン名義貨しをやっていた)等々で違法行為を生業としている輩を、法という光を照らして白日の下に晒すことができる。

しかし、幣ブログが扱っている自己愛性人格障害者は、法を侵さないからお縄にできない

その分かりにくい言動=生態行動から、その被害を周囲に伝える事もままならない。
ターゲットが受けている被害の大きさからすると、サツジンミスイ罪にも匹敵するかと思える位の凄まじいものなのに、自己愛性人格障害者を罰する規定も法律もない。

分かりにくい分、罪は大きくないだろうか?

上記で、人々を恐怖で縛り金品を巻き上げる輩は本当に許せないと書いたが、自己愛性人格障害者が、人を騙す(ニコニコして別の人格を作り上げた上で相手を搾取する)という点では架空請求業者と何ら変わりはなく立派なサギ師だ。
サギ罪というのは客観的な証拠が無い場合が多く立証が難しいが、証拠が無いのを良いことにそういうつもりじゃなかった。と言われてしまえば大半は泣き寝入りするしかない。

むむむ?似てるゾ、自己愛性人格障害者の定型フレーズそういうつもりで言ったんじゃない。というのと。
(相手が聞きマチガッタ、相手の受け取り方が間違っている、と責任転嫁してるんですよね、この言い方)

あなたのためを思って言うんだけどと前置きをして(周囲に良い人だと思わせ正体がバレないよう伏線を張り)、グサッと人格否定するような『あなたはこの仕事に向いていない』みたいな言い方をし、相手や周囲から反論された時に『あなたの取り方が間違っているのよ』と相手を非難するためにそういうつもりで言ったんじゃないと言う。

架空請求業者じゃん。

やっぱり自己愛性人格障害者はメンドクサイ、厄介。架空請求業者を凌駕する。ゴキブリに匹敵する史上最強のイキモノだ。

スポンサーリンク
1
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
     

関連記事(一部広告含む)