泣きわめく‐自己愛性人格障害者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

爆笑・野々村竜太郎氏の泣きわめき会見

ugokuinko2a.gif(久々に大笑いさせてもらったゼ。生きててよかったあ~)

ところで、うちにもうひとり自己愛性人格障害者がいる。
ノーカンメという、服装コピーのキショク悪い女(60代前半)。
素人の診察_2-自己愛性人格障害者に登場。
境界性人格障害者もいる!‐自己愛性人格障害者に会議で泣くときの様子を。

野々村竜太郎氏の姿を見ていて、ノーカンメと重なった。

ノーカンメは、泣く場所・状況・タイミング・泣き方がヘン。
私には、演出しているとしか思えない。(本能だから自然にできるのか?)

自己愛般若の場合、自分の(訳わからん)主張を通したい時に、社長に直訴するという形をとって(社長を呼びつけて)、例のしんみり真顔で涙を流す作戦をとる。(被害者面)

だが、ノーカンメは節操なく公の場で涙を流すのだ。

一度も会ったことがないお客さん(名前すら知らなかったお客さん)の葬式で、ノーカンメは最初から最後まで泣く。(えッ!)
故人がノーカンメと同じくらいかそれ以上の年齢の男性の場合なら、”○イジンか?”と思う人もいるだろう。(私ならそう思ってしまうかもですね)

しかも、(たったひとつの)ノーカンメの仕事が社長のお供・かばん持ちだ。対外的にメチャクチャまずい。当たり前だが、社長から”なんで泣くんだ!”と注意を受けている。

しかもさらに、泣いていたにも関わらず、葬式が終わって遺族がいないところで、

ノーカンメ:
スポックさん!お茶いれて!
あ”ー疲れたわ、こんな知らん人でも来んとアカンねん私、社長のお供やから。
とかぬかす。

(どう?人間という感じがしないでしょ?人の前で自分のために泣くなんてケモノそのもの。動物が鳴くのは全て『腹へったよう』『○○したいよう』ですからね。)

私が参加して修羅場(?)になった会議の様子をもう一度。




スポック:
ゆでガエルさん、あなたが主任代理の私に聞くのは筋違いではないですか。
もし聞くなら、各エリアの統括責任者である方面部長のノーカンメさんに聞くべきだと思いますが。

ゆでガエル(専務):
あ~う~、ノーカ、

ノーカンメ(方面部長):
ugokuinko2a.gif私は一生懸命頑張ってやっていますッ!!

(0.5秒後、うぅ~ッと涙を流しながらこっちを向く。シェーッとびっくりするしか道はなく、副社長のボンクラーノにふる)

スポック:
ボンクラーノ(副社長)さんはどう思いますか。


(省略)

という泣き方。

↓納棺されているミイラ
miira.jpg

さて、野々村竜太郎氏の泣くタイミングだが、ノーカンメとまったく同じだ。
泣く状況ではないのに突然泣き出す。
泣くだけで責任を取ろうとするその発言がない。
ノーカンメの場合、『私は一生懸命がんばってやっています』のみ。
(結果を出していなければ、やっていないのと同じなのよ、分かる?)

もし結果を出すことができなかったのなら、きちんと道理の通った理由を述べる必要がある。

(ノーカンメは、泣いた後、私をにらみつけていただけ。ああ~疲れる。ケモノ相手に人間の仕事の説明をするんだからね。)

で、因みに、この会議の後のことをマッスグセイギさんが教えてくれた。
↓ノーカンメ&自己愛般若が周囲にいる新入社員たちに

スポックさんてキツイでぇ~、イジメられんように気をつけや。

と言ってた、と。

この行動は、自己愛性人格障害の診断基準の9項目のうちのどの症状からくるのだろう。(わからんバッテン)

0