自分の直感が自己愛性人格障害者を見抜いてくれるかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

境界性人格障害者のその後

あれからボーダー(境界性人格障害者)のニコニコ仮面はどうしたか?

困ったことに、社の役付きであるニコニコ仮面が、自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャととぉ~っても仲が良くなったのだ。

困ったどころではない。
人の愛情にしがみ付くボーダーしがみ付かれて喜ぶ自己愛性人格障害者との組み合わせ。しかも上席者同士。。。

私には、ニコニコ仮面と自己愛ハンニャのツーショットは、乳幼児2人が遊んでいる姿にしか見えない。

だが、体と言葉のスキルだけが大人のものだから、可愛らしさがあるはずもなく癒やされるはずもなく、おぞましいツーショットにしか見えない。とにかく厄介だ。

昨日出社すると、みんなが頻繁に使う会議室に、ニコニコ仮面と自己愛ハンニャがいた。

当然ながら、2匹は2人は異様なオーラを放っている。こんな感じ。

おや?
ドアがへこんでいる。バットのようなもので殴りつけたか?ボコボコになっている。

おや?
ニコニコ仮面の夫・ウームマンダム氏が手に包帯を巻いているし、片足を引きずって歩いている。

会社の会議室のドアがボコボコになっている、そこの社員の一人がボーダー、その夫が手に包帯を巻きビッコをひいている、という状況は一体何を意味するか?

ニコニコ仮面の地を這うような怒号を聞いたことがある私は、ついにやっちまったか!?と思ってしまう。ニコニコ仮面がドアをボコボコにしている現場は見ていないが実際そうだろう。(会社でこんなんだからねえ、ウームマンダム氏は家へは帰っていないだろう。)

普通なら病院送りだが、うーーーん、厄介だ!

(詳しく書けないが)ニコニコ仮面の家柄・人脈と入社の経緯からすると、会社としてニコニコ仮面を○神病院に強制入院させるのは不可能だ。クビにもできない。さらに、現在、ニコニコ仮面はあのメンドクサイ自己愛ハンニャのお気に入り(のオモチャ)だから、現時点では自己愛ハンニャがニコニコ仮面を死んでも離さないだろう。

私は、ドアボコボコ事件で初めて知ったが、なるほどなるほど、自己愛ハンニャがニコニコ仮面にベロベロベロ~と舌を出して近づき、陣地に招き、取り込みに成功させたのには理由があったんだ!

ニコニコ仮面の家柄・人脈と入社の経緯を知れば世間の人はちょっと驚く。とにかく詳しく書けないがへーーぇえ!すげーーッと大半の人は思うだろう。

自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャはご馳走を見つけるのがうまい。そのためにだけ全力投球して生きているのだからあたり前かな?

ところで、この2人、ヒソヒソコソコソやってるが嬉しそうな演技をしている。

ニコニコ仮面は全く目が笑っていない。表情は固く、私の知る限りトウシツの初期の人のような表情をしている。人生の楽しさを感じるなど、そんな感覚はすでに失われてしまって、不安・恐怖・孤独・後悔等々のネガティブな感情だけに支配されてただただ生きながらえているだけの状態だろう。

自己愛ハンニャも、人と話すときは歯を見せながらハハハと言うというふうなマニュアルに従って日本語をあやつっているだけだから(自作自演しているから)目が笑っていないし、いつも闘いの世界に生きているためノルアドレナリン全開の興奮状態だから、人間が感じる幸せを感じることができなていない状態だろう。

この憐れな2人が醸し出す雰囲気は、美術の教科書に載っている地獄絵図(ってありまっしゃろ?髪ピッピッピって生えた、ノドの細い、アバラでてる、お腹の膨らんだ餓鬼が描かれているアレ)のような感じだ。当然、だぁ~れも近づかない。

(このツーショット。なぜか胸が痛む私です。)

人格障害者からでるオーラ

クモやゴキブリやヘビを見ただけで、あられもない声で「キャーーツ!!」とか「ギャーーツ!!」と叫びだす人がいるが(そないに大げさに騒がんでもエエやろ?と思うが)、そんな感覚かな?自己愛ハンニャやニコニコ仮面がバラまき散らすオーラを感じて反応する時の感覚は。

生理的に無理。
本能的に恐い。

ということだろう。本能が危険を知らせるということだろう。

何が言いたいのか今日はうまく書けないが、この記事で言いたかったことは自分の直感を信じきるということ。

相手が大人の人間の形をし人間の言葉をあやつっているから、それに惑わされてしまって自分の直感を否定してしまうような事をわたしたちは無意識にやってしまっているのだと思う。

自己愛性人格障害者に出会った時に、クモやゴキブリやヘビを見た時のように、瞬間的に発せられるだろうギャーーツ!!という心の叫びがあるはずだ。これからはそれを見逃さないでおこうと私は思う。

しかし、相手を自己愛性人格障害者だと見抜いても、ターゲットにされないで済む保障はない。少しでも被害を受けないで済むようにしかできない。

(これからまだまだ生きていく途中で、自己愛性人格障害者にバンバン遭遇しまっせ~)

0

スポンサーリンク

スポンサーリンク