自己愛性人格障害者の取巻き-その発生のメカニズム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

サイコパスの下僕・召使・イエスマンはいかにして作られしかば

なるほどなるほど!

(自己愛サイコパス取り巻き発生経路はこれか!?)

前回、イマド・キノ子が自己愛ハンニャに取り込まれてしまったことを書いたが、

今回は、なぜ、自己愛性人格障害者の装飾品である下僕・召使が発生するのかを書こうと思う。

今回、私は社長の指示を受けて、つまり↓

社長:
今回、イマド・キノ子さんをゴリッパ商事の担当にしたから、あなたが一緒に付いて行って、ゴリッパ社長さんに紹介してあげなさい。

スポック:(私です)
承知いたしました。

という指示を受けていた。

で、このミッション、自己愛ハンニャに邪魔されて、私がゴリッパ商事に行く代わりに自己愛ハンニャがイマド・キノ子を連れてそこに行くという結果になってしまっている。

というのも、
まず、自己愛ハンニャは総務部長だが、一応、営業部でも方面部長という肩書きがついていて、イマド・キノ子は自己愛ハンニャの部下という立場だったという事実がある。

だが、普通の会社組織を想像しないでほしい。
イマド・キノ子が自己愛ハンニャの部下といっても、当方の会社は、統制の取れた組織ではなく、役職は名札のようなものでしかなく、自己愛ハンニャも普段から仕事をしないため、どの方面に誰が所属しているのかも知らない状態で、その時点で自己愛ハンニャは、イマド・キノ子の存在すら知らなかった。

(盗み聞きされていたんですねえ、これが)私がイマド・キノ子と一緒に行動する!と知った自己愛ハンニャは、すぐにイマド・キノ子に電話を入れていた(総務部長だからねえ、番号が分かる)。

そして、自己愛ハンニャがイマド・キノ子に電話した時の内容がこれ↓(本日、イマド・キノ子から聞き出した内容)

(イマド・キノ子から聞いたことを繋げた上で、私の妄想も入れています)

自己愛ハンニャ:
スポックさんて、とんでもない人なんやで。
“社長の指示や”とか言って、ウソつくから社長が迷惑してる人やねんで。
(↑これ、私の妄想ですが、他の人について何度も自己愛ハンニャがこう言っているのを聞いています)

あなたは明日、私といっしょにゴリッパ商事に行くことになってるんやで

というものだったらしい。

それで、私は、自己愛ハンニャがイマド・キノ子と一緒にゴリッパ商事に行きそうになり、社長に指示を仰いだ↓

スポック:
社長、かくかくしかじかで、自己愛ハンニャさんに邪魔されました。
自己愛ハンニャさんが、イマド・キノ子さんと2人でゴリッパ商事へ行くといってききません。

社長:
わかった。好きにさせてあげれば良いよ。
そして、あなたも単独で先に行っておいて、2人が来たら2人をゴリッパ社長に紹介してあげれば良いよ。

なんて素敵な采配なんだろう。
実は、これ、私の株を上げてくれるやり方。

自己愛ハンニャは、全く営業などの仕事をしないため、対外的な人脈・信用を持っていない。
そこに、私が、社長という立派な肩書きが付いたゴリッパ社長と親しいという現実を自己愛ハンニャに見せ付ける!という素敵な指示なのだ。(自己愛性人格障害者は立派な肩書きが大好物だからね)

なかなか本題に入れないが、

自己愛ハンニャの盗み聞きについて少し

社長室の隣に誰も使っていない会議室のような部屋があって、壁はパネル仕様で薄い。
自己愛ハンニャは、私が入社した後しばらくしてから、そこに勝手に机などを持ってきて自分の部屋のようにして使っている。

(誰も注意しないので野放し)

それで自己愛ハンニャは、社長と私との会話を(もしかして、紙コップ電話みたいなもので)盗み聞きしていたと思われる。

新人の育成について

これを、社長から指示されているのは、おりょうさん(主任)、フツウ人間さん(部長職)、私(主任)の3人だ。3人それぞれ担当している新入社員が(古参社員も)何人かいて、私の担当している中にイマド・キノ子がいたという訳だ。

イマド・キノ子は、一見普通の女の子(女性とは言いがたい)。
きちんとした服装と言葉遣いをしているし、最高学府も出ている。
新人ではなく、私と同じくらいの時期に入社している(あとから年齢を聞いてビックリ。アラフォーだった!)

だが、20分くらい打ち合わせのために話した限りでは、中身が。。。大人の女性を感じさせないどころか社会人をも感じさせず、小学生~中学生くらいにしか感じなかった。

育ちの良さのようなものは感じる。ガツガツしていない。(しなさ過ぎるかな?)

・・・
あっ、育ちは良くなかった。それは、自己愛ハンニャから、こう↓言われて、

スポックさんて、とんでもない人なんやで。
“社長の指示や”とか言って、ウソつくから社長が迷惑してる人やねんで。
あなたは明日、私といっしょにゴリッパ商事に行くことになってるんやで

私には、こんなメール↓をしてきているからだ。

自己愛ハンニャ部長さんが、
“人の手を借りていたら成長しないから、自分で考えて動かないとダメ”って言うんです。
自分もそう思います。
ですから、明日はひとりで行って頑張ってきます。
アザトイ、って言うのかな?正直ではない。自己愛ハンニャと2人で行くことになっているのは、自己愛ハンニャから聞いて私は知っているのだから。
スポンサーリンク

正直さこそ、育ちの良さではないだろうか?
(松井秀樹選手とか羽生結弦君のような)

自己愛ハンニャの言う通りにするから素直?かと言うと、素直ではない。
スポックさん(私)と行きなさいという社長の指示には逆らっているのだから素直ではないし、小手先のウソまでつくのだから、閻魔帳に書き書きカキっと。。

とにかく、イマド・キノ子は、素直でもなく正直でもない、良い人アピールするだけの社員だった(自己愛っぽい、サイコパスの素養あり。)。

自分はこうしたい!ああしたい!という意見を持っていない。
自分の頭で考えるという姿勢が見られない。

私が社長が私に、あなたに同行するようおっしゃってますので、ゴリッパ商事には一緒に行きましょうと言えば(素直に?)従うし、
自己愛ハンニャがスポックさんて、とんでもない人なんやで。「社長の指示や」とか言って、ウソつくから社長が迷惑してる人やねんで。あなたは明日、私といっしょにゴリッパ商事に行くことになってるんやで。と言えば従うし、

こう↓対応できなかったイマド・キノ子。

いかに主任の私から聞いたと言えども、社長の指示ですと聞いていたなら、

いかに部長の自己愛ハンニャがそれを覆してこようとも、
社長の指示とお聞きしていますので(主任の)スポックさんに確認してもよろしいですか?と言わないといけない。

自分の頭で考えない社員。
自己が育っていない社員。

これだな、自己愛性人格障害者の下僕・召使となるヤツは。

へたすりゃ、会社は、幼稚園児を採用してしまう。
大卒とか家柄とか採用試験の点数とか、目に見えるもの重視では、会社にケモノ~幼稚園児が入社してくるのを阻止できない。

(社員の面接の際は、このジコアイハンターのスポックにお任せください!)

1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. shingario より:

    ウチにも高学歴だけど、性格悪くて、気が利かなくて、仕事が出来ないのが居ました。

    議事録一つまともに取れなくて(事実と逆の事を書く)、修正してメールで返してあげても礼も何もなし。

    書類を作らせると一見、ちゃんとしてるんだけど穴だらけ。
    仕事が全てコピペなんですよね。

    内容を理解しようとしないから、いくら頭が良くても役に立たない。

    嬉しそうに転職してくれて助かりました。

    • 管理人 より:

      shingario さま

      コメントありがとうございます。

      このコメントのまんまの人って、たくさんいますね。

      私がOLの時、東大卒(40代)がいたのですが、
      あまりに仕事ができず-それは、人に奇異な印象しか与えないため営業が無理でしたので
      事務方に回されていましたが、彼が何をやっていたのか私には分かりませんでしたねえ。
      彼は、いつも何かを分析し、統計をとり論文のような報告書を作っていました。

      周囲の人や上席者は、「全く必要のないものなんだけどな。。」と言っていましたよ。

      確かに、(PCが導入されていない時でしたので)、何かの数字が必要なことがあって、
      Σを使ってサラッと答えを出した時は、みんなに尊敬されていましたけど。

      彼が学者になっていれば優秀な仕事をしたかもしれません。

  2. shingario より:

    あー、ウチにも東大出のおばさんが居ました。

    この人は兎に角、他人の意見に耳を貸さなかったですね。

    それと整理が出来なかった。

    多分、ADDの傾向が強かったと思います。
    そちらの方もそうなんでしょう。

    学歴が立派なのにそんなに大きく無い会社に来る人はこういうタイプが多いのかも知れません。

    口にすると差別主義者と思われるので大きな声では言えませんが、近年、ADD傾向の社員が激増してるように感じます。
    ロボットと話してるみたいですよ。

    そして、東大って、そもそも優秀なサラリーマンを育成する学校じゃないと思うんですよね。

    昔、中途で入った東大卒の男性は3ヶ月くらいで、朝礼中に
    「もう無理です。」
    と言って帰ってしまい、それきり出社しませんでした。
    奥さんが旅費精算と荷物整理に来ました。
    メンタル壊れてたんでしょうね。

    • 管理人 より:

      shingario さま

      >近年、ADD傾向の社員が激増してるように感じます。
      >ロボットと話してるみたいですよ。

      そーなんですか?

      そうすると、うちの自己愛の仕事の出来なさは、ADDが加味されている可能性があるのかもしれませんね。
      また、うちの役付きの人達は、データとしてインプットされていることしか出来ないのですが、
      ADD的な人達と言えるかもしれません。

      「ロボット」とは言い得て妙ですね。
      私のOL時代の東大卒の人は、なるほど、ロボット!でした。
      人間という感じがしませんでしたね。

      東大卒は官僚になる人が多いですが、
      この「ロボット」みたいなのが国の中央にいるとしたら、亡国の運命は避けられないですね。

  3. 奈良子 より:

    >自分はこうしたい!ああしたい!という意見を持っていない。
    >自分の頭で考えるという姿勢が見られない。

    私の天敵・自己愛元上司の元に今現在残っている人たちは、まさしくこういう感じです。
    仕事てきぱき出来る人、自分の意見を自己愛に怖がりもせず言っちゃう人、社内に友達多い人はことごとく自己愛に潰されるか、会社に嫌気さして退社しました(笑)。

    ただ特に若い人は、あの自己愛の独特の負のオーラ&威圧感に耐えかねて、下僕にならざるを得なかったのかもしれない。
    そして「嫌だ!」「違う!」と反論する力もそがれてしまったのかなぁとも、今は思っています。
    だって話通じないですもんね(笑)。

    私も下僕になろうと努力したことが実はありました。
    会社の上の人に伝えても分かって貰えなかった上に、信じて付いて行ってほしいと言われたから。そして何よりそこの仕事がなんだかんだで好きだったので。

    でも「なんでこいつの下僕にならないといけないのか???」という気持ちに無理やり蓋して働いた結果、身体のあちこちにガタがきたので、辞めてしまいました(笑)。

    • 管理人 より:

      奈良子 さま

      >仕事てきぱき出来る人、自分の意見を自己愛に怖がりもせず言っちゃう人、社内に友達多
      >い人はことごとく自己愛に潰されるか、会社に嫌気さして退社しました(笑)。

      全くこの通りですね。
      「潰される=病気になる」か「辞めるか」の2つの選択枝しかない状況のようですね。

      私は1匹目と遭遇した時、「潰されずand辞めない」ものですから、そこの社長から解雇されましたが、
      結局、自己愛の直訴が通ったのと、社長自体が強烈な自己愛でしたので、
      「潰されて辞めた」という最悪の結果になりましたけど。。

      >ただ特に若い人は、あの自己愛の独特の負のオーラ&威圧感に耐えかねて、下僕になら
      >ざるを得なかったのかもしれない。

      これは多いし、仕方がないかなと思ったりします。
      若い人には、年も役職も上の人からの「あの」威圧感はきついでしょうね。

      >でも「なんでこいつの下僕にならないといけないのか???」という気持ちに無理やり蓋し
      >て働いた結果、身体のあちこちにガタがきたので、辞めてしまいました(笑)。

      体に出るくらい努力なさったんですね。
      (ちっきしょー、奈良子さんとこの自己愛め!○ねばいいのに!)

      自己愛取締法っていうでしょうか、精神病者の社会的入院っていうんでしょうか、
      自己愛の認知度をビューーンとあげて、被害者を出さないような世の中にしたいものです。