自己愛性人格障害者の生存戦略―本能次元から出ているものだから人間なら勝てる事がない?_2の続き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  



自己愛性人格障害者の生存戦略―本能次元から出ているものだから人間なら勝てる事がない?_2の続き

自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャの奴隷だった教イゾンさんが、随分前におりょうさんに、

わたし、あの人にコロサレル!

と訴えていた、というのだ。

おりょうさんは、当時は、教イゾンさんの言う意味が分からなかった。
おりょうさんの共感力・洞察力は、ギフテッド並みの能力だと、私などはそう思うくらい秀でているが、そのおりょうさんですら教イゾンさんの言葉の意味(=自己愛性人格障害者からの仕打ち)をうかがい知る事ができなかった。

ただ、おりょうさんは、何年も前から、自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャに対しては違和感を覚えていたと言う。

そう言えば、私が今の会社に入社してすぐくらいに、私がおりょうさんに『自己愛ハンニャさんの仕事の仕方が合理的ではない事』を愚痴った時に、おりょうさんが、

自己愛ハンニャさんて個性がないよね。

と言っていたが、そう感じたおりょうさんは凄いと思う。

スポンサーリンク

自己愛性人格障害者は、症状はあっても個性がない(=人格がない)

のだから。。。

だがだがしかし、おりょうさんも、大人の体をして大人の言葉をつかうけれど、精神年齢が赤ちゃん(=あるいは、まだ人間になっていないイキモノ)がこの世に存在するなど想像すらできなかった。

自己愛性人格障害者は冷酷無非だ。
人間の暖かい感情を持っていない。
共感能力が見事なまでに欠けている。

そして、自己愛性人格障害者は、自分が生き延びるための最強の生存戦略を本能次元に刻み込んでいるから、自己愛性人格障害者に奴隷として認定されたら(=寄生されたら)、吸い尽くされて『コロサレテシマウ』。

そして、教イゾンさんは、以下に書いた通り、本当に亡くなってしまう。

自己愛性人格障害者の生存戦略―本能次元から出ているものだから人間なら勝てる事がない?
悲しくも辛くもないのに泣いてみせた自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャ以前に、自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャにガンジガラメにされていた教イゾンさんの事を書いたが、今回は自己愛性人格障害者にボ...
1
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
     

関連記事(一部広告含む)