境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみます_2 | 自己愛性人格障害者との闘いの日々
 

境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみます②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

モラルハラスメント仕掛け人の正体は自己愛性人格障害者です!

プロフィール

 



(境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみます”>境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみますの続きです)

境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみます①
買物せずには生きていられない!―凄まじい暴言と暴力が止まらない―夫を殴ってしまう上品な妻上品で、愛らしくて、おしとやかで、儚げで。。。 可愛い女性が、突如、般若のような顔になり、ゾンビのような声を出し、 携帯電話であろうが高価なカップであろうが、そこら辺のものを投げつけ、手に持っ...

ボーダーになってしまう原因とは?自己評価低っくぅ~―母に裏切られた赤ちゃん

(境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみます”>境界性人格障害・BPDの壮絶さ(診断済)―地獄をみますの続きです)

うちの社の第一営業部部長・ニコニコ仮面(55才、女)が発狂したことはすでに書きました。

なぜ、暴れる?
なぜ、ゾンビのような声を出し、自分の夫を骨折するほど殴り蹴りするのか?

ボーダー症状のニコニコ仮面の環境↓

ニコニコ仮面は、いわゆる一人っ子のお嬢様。
ニコニコ仮面の両親は、とある地域の高学歴の資産家。
高齢でニコニコ仮面をもうけ、有り余る資金をニコニコ仮面に提供して育ててきた。

ある時、ニコニコ仮面の両親がうちの会社にきて、社長室にいた私にも挨拶をされました。初対面でした。

不謹慎かもしれませんが、ニコニコ仮面のご両親と対面した管理人は、その母親をマンガのキャラクターのように感じ、心の中でひとり大爆笑していました。

そして思いました。
『なるほど!ニコニコ仮面がそうなったのん分かるわ、この母親に育てられたら誰でもそうなるやろな』と。

ニコニコ仮面の母親の外見は↓

おそらく80才前後

もの凄く良いものを着ている

日本髪に近い髪型をして、ロングドレスをまとっている(上流階級か?)

肌はツルツルぴかぴか(整形したあ?)

まっ赤っかの口紅(歌舞伎役者か西洋人形みたいな感じ)

と。まあ、こんな感じの人は居るでしょう。

管理人がマンガのキャラクターだなと思った訳は、その発するオーラがポツンと捨て置かれた幼児のようなのに、日本髪とまっ赤っかな口紅をしていたからです。

ニコニコ仮面母は確かに上流階級のご婦人のような身なりはしていましたが、美智子様や紀子様のようなオーラではなく、一般の大人の女のオーラでもなく、○バアでもなく、幼児のそれだったのです。

そして、その日しばらくしてから、ニコニコ仮面の母親が、

誰ですか!
そんな事を言うのは!
ムーミンさん(管理人)ですか!

と言いながら、管理人が仕事をしている社長室に飛び込んできました。(この時点で尋常ではない)

前回書きましたが、ニコニコ仮面が管理人に、しつこくしつこく高価なプレゼントをしてくることから、管理人がついにニコニコ仮面に言った人様から物を頂くのはキライなんです。勘弁してくださいをニコニコ仮面がその母親に言ったことで、母親が激怒したらしいのでした。

ニコニコ仮面が母親にどんな言い方で伝えたのか分かりませんが、娘が勤める企業内の社長室で、初対面のそこの秘書(管理人です)に、怒鳴り散らすことができるなど、またこの母親も異常者なのでしょう。

このような異常者を相手に、ニコニコ仮面は、『私はこんな事をしたい、私はこう思う、進路はこう思う』等々言うことも、ありのままの自分を出すことも、一切してこなかったでしょうし、また、褒めてもらった事も受け入れてもらった事もなかったのでしょう。

だから、ニコニコ仮面は、なりふり構わず無差別にプレゼントをして、ありがとうと言ってもらって自分が役に立っている事を感じたかったのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
     

関連記事(一部広告含む)