サイコパシー自己愛性人格障害者から受けた傷―被害者同士で共感し合った瞬間に傷口がふさがる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

モラルハラスメント仕掛け人の正体は自己愛性人格障害者です!


記憶改ざん-自己愛性人格障害者は脳の配線がオカシイ

画像は、不当解雇裁判を闘っていたときの、自己愛性人格障害者(銭カメ社長)のイエスマン=ウイ・ムッシュウ


先日、長男と話をしていて、私が

自己愛ハンニャというサイコパシーからかくかくしかじかの被害を受けてるねん。と言うと、

長男が

ああ、記憶を書き換えちゃうヤツねと東京弁でサラッと言った。

『知ってたんや~(感激!)』

記憶を書き換えちゃうヤツ。。。ネット上では、被害者の人たちが2chなどで記憶喪失とか記憶改ざんというふうな表現をしている例のアレだ。

(自分ちの話ですが。。。)
長男はある企業の部下を持つ管理職。

で、温厚な彼がずい分前に感情的になって↓

PCおたく長男:
・結論だけ言うたらエエのに。。。
・1分で終わる事に10分もかけて・・・しゃあから女の子はキライや。
・泣くヤツなんか最低や。

と言っていたことがあった。

また、何かのことで私がダラダラ説明していると↓

・話がそれてるよ!女の人はこれやからなあ。。。

言っていたこともあった。

私は長男から非難されているように感じながら、サイコパシー人格障害者のことを思い出していた。しんみり真顔で泣いて被害者になりすまし責任逃れするヤツのことを。

すると、ちょっぴりションボリしていた私に長男が言った↓

(天下りしてきた部下のことを)
PCおたく長男:
・ヘンなおっさんがおって、
・無駄なことばっかりして、
・しかも全然仕事ができなくて
無責任さを指摘したら論点ずらして言い訳ばっかするし、
自分は一流企業でなんとか部長までしてきた人物なんだ、みたいなこと言うし、
・最後は自分が悪いのにキレるんやで

と。。

普段、本当に人のことは何も言わない長男が、一時期、このヘンなおっさんのことを家にくるたびに愚痴っていた。

(そうか。。。彼はこの時、自己愛性人格障害者という自己愛性人格障害者と闘っていたのか。。。だけど息子の部下でよかったワ♪)

それで先日、長男がいとも簡単に↓ああ、記憶を書きかえちゃうヤツねと言った訳だ。

(なんか、気持ちがメチャメチャ軽くなったゾ)

自己愛性人格障害者の被害をうけている人は、2chでやっているような感じのしかも生の声で共感し合える被害者の会(のようなもの)が必要だと思う。

被害者同士で話をしたら被害者あるあるがバンバン出てきてその瞬間に一発で傷がいやされる。

(逆に、自己愛性人格障害者からの被害を受けたことのない世間の大半の人―見抜けない人かな?―は、私たち=被害者orターゲットとは、外国人か?宇宙人か?と思うぐらいの認識の隔たりがあるから、話せば話すほど傷口が広がりますからねえ。)

私は知らないうちに傷を受けていた!長男のひとことに感動すらしたのだから。う~む、自己愛ハンニャめ!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ

     

関連記事(一部広告含む)