はじめまして
管理人のスポックと申します。

裁判になったら会社が心臓直撃する主張書面を書いてくる ― 提訴する前に健康診断を受けよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

(ブラック企業が書いてくる主張書面をアップしました。参考になれば幸いです♪)

脳内で血管が切れる音がした

(我利我利教S会信者の)弁護士が書く主張書面が、これほどまでに悪意に満ちたものだとは知らんかった!

労働訴訟をおこしたら、会社から、主張書面や陳述書が届く。

それで、私は地位保全の仮処分裁判が始まって、最初に送られてきた会社の答弁書・主張書面・陳述書(5名分)を読んで死ぬかと思った。

実際、くらッ、くらした。
極悪人か親の仇かのレベルだ。
  ↓
≪会社弁護士作成 抜粋≫

債権者の悪意すら感じざるを得ない通常ではおよそ考えも及ばない極めて許しがたい業務違背行為、懲戒解雇に匹敵する悪意すら感じざるを得ない許しがたい業務懈怠行為がたえず存在した。

それ故、債務者(会社)は、これ以上債権者(私)を放置すれば、脆弱な債務者自身の存亡に重大な影響を及ぼすと判断し、やむを得ず解雇するに至ったが、その際も債権者を慮って、最悪の懲戒解雇は避けた。

アクイスラカンジザルヲエナイ・・・チョウカイカイコニヒッテキスルアクイスラカンジザルヲエナイ・・・

(のちに夢にみます。アクイスラカンジザルヲ・・・)

(で、次いきますよ)

≪銭亀社長作成 抜粋≫

債権者は解雇されれば生活が困窮すると言いながら3ナンバーのセドリックに乗っている。(おんや?業務命令違反じゃなかったのか?)
  ↑
(別の意味で衝撃を受けました!)

car_2

あッ、耳を澄ませば、社長の口癖の「貧乏人のくせに」という声が聞こえてくるではないか。

ごめんなさい、軽四でなくて。

私がこの会社に入社した時、上司のオモロイド氏が私にいみじくも言った事があった。
金つぼねさんの(ポンコツの)車を指して、

これよりガタガタの車に乗らんといじめられるで。

  ↑
御意。

企業の社長というのは社員が良い生活をするのを忌み嫌うものなのだろうか。

社長が従業員の私をやっかんでいた!!というのか??

ちょっとお~、あからさま過ぎるやん。
ふ~ん。へ~え。そうなんや。業務命令違反を3回したから解雇したんと違うかったんや。

スポンサーリンク

ホームページ作成、実名で全文掲載。これでいこう。
銭亀社長がこんなチンケなヤツだということを客観的に証明できる文書を使わない手はない。

それにしても、我利我利教S会信者である相手弁護士の考えたものは凄すぎる!

・悪意すら感じざるを得ない通常ではおよそ考えも及ばない極めて許しがたい・・・

・懲戒解雇に匹敵する悪意すら感じざるを得ない・・・

はインパクトが強すぎる。脳みその中がかき回される。

裁判中の話だったが、ホームページの作り方を死に物狂いで学び、銭亀社長らを実名であげ、その陳述書・主張書面をアップしていった。

次に、得意先にそのURLを送った。

すると、ビックリした得意先の人たちが私の上司だったオモロイド氏に問い合わせをしてきた。
  ↓
≪大手農機具メーカーの課長≫

・大変や!銭亀社長が誹謗されてる。

・書かれている事は本当なん?

≪上司のオモロイド氏≫

99.9%ホンマや。オモロイやろ?

うっふっふっふっふ。
どうや、てめえの悪行の数々を世間に公表してやったぜ。

債権者は解雇されれば生活が困窮すると言いながら3ナンバーのセドリックに乗っている。

の箇所は、恥ずかしいぜ。

a0800_000482_m_3

※さて皆さん、裁判は、被告会社からの、これでもかッこれでもかッ!という中傷誹謗に耐える事から始ります。

という訳で、健康診断を受けて万全の体制で臨むことをお勧めします。

(ゴーゴゴー!)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •  
 

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク