はじめまして
管理人のスポックと申します。

証拠の集め方―来たるべきパワハラ・解雇無効裁判に備えて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

(パワハラしてくるヤツが○ホでないとできません)

ゴミ箱は宝の山


解雇された後、お宝発見。

職場いじめで、干されて―閑職待遇というのか、退職強要も始ってからは、私は会社では何でもかんでも集めていた。

朝の掃除のときは、早めに出勤して、積極的に社長や社内で権限ある金つぼねさん、チュウさん、ゴロナーゴさん、ウイムッシューさんらのゴミ箱を漁っていた、もとい、ゴミを焼却場まで捨てにいっていた。

退社前も、同様に漁っていた。
とにかく、私は率先して書類の焼却係りのような勢いで清掃するようになっていた。

presentbox-150x150

←これは、社長のゴミ箱から出てきたものだった。
しかも手書き(いっひっひっひ)。

被告社長は毎日10時30分に出社してから、1時間ほど何かしてからすぐに昼食に出かけ、2時ころ帰って来る。

その後、狸寝入りをして、だがしかし、全身にアンテナを張り巡らし、送受信可能な状態で社員の動向を監視している。

何もしない。
只ひたすら、目をつむり自席に1日中座っている。ほぼ毎日だ。

被告社長にかかってくる電話は日に数本であるが、『先方からかかってきた電話で』、滔々と自分の自慢話を長時間に亘ってしゃべり続けるというものである。

そして電話を切った後は、最も忠実な部下のウイムッシューさんとこんな会話を交わす。

今、○○が社長は凄いですね、と言いよった。一部上場の○○やで。俺もたいしたもんやで。(フェ?)

流石、社長です。

何ぼ、○志社大学出て部長や言うても、人に使われているようではアカンわ。この俺を褒めてたで。大学出ててもたいした事ないなあ。(社長は高卒)

そうですね。(因みにウイムッシューさんは大卒。)

(大卒が賢いとかエライとか、全く思っておりませんが。。。)

ウイムッシューさんは、社長が電話を切った後のその長々しいしょうもない自慢話を聞くまいと、被告社長と目線を合せない努力をしていたようであるが、この日は不運にも(?)キャッチされてしまった。

かわいそうに、(でもないか、ウイムッシューさんの仕事は「おっしゃる通り」と言う事が主業務だから)ウイムッシューさんは、彼に電話がかかってくるまで、30分でも1時間でも被告社長の遊び相手をしなければならないのだ。

この日、被告社長は余程嬉しかったのか、今度は、忠実を絵に描いた金つぼねさんにこう言った。

金つぼね君、○志社出ててもたいした事ないなあ。

ほんと、たいした事ないですね。(おのれは地方の商業高校やろ)

あいつはトンチンカンな事言うし、○志社はバカばっかりやなあ。

ほんと、バカばっかりですね。

○志社大学卒をアホ呼ばわりする人物が重要書類を丸めてポイ

その○志社大卒をバカ呼ばわりする、ウイムッシューさんと金つぼねさんのゴミ箱から拾ったものと直接彼らから手に入れたメモが、私がその気になれば社長と彼らが御用となる代物だったのだ。
(どの口で言うとるのや)

この3人が、社長が経営する別会社の代表取締役で(3人しかいないが)、原産地偽装工作をしていたが、その関係書類が不要になったとき、3人が3人ともくちゃくちゃっと丸めてそのままゴミ箱に入れるだけだったのだ。

これを逃す手はなかった。

(不当解雇するような会社はきっとこんなだろうから、脱税なんかもやっているかもしれない。あなたも今日からゴミ収集係になろう!)

zitubutu

「あっ、私が焼却場までもっていきますよ。」などと言ってはとにかく家に「ゴミ」を持ち帰っていた。

OL時代、私は、席を立つ時は書類は必ず、最低でも裏返してから席を立つように、と先輩事務員から教えてもらったが、金つぼねさんなどは、机が玄関先にあったが、社員の賃金台帳であろうが、売掛台帳であろうが、広げっぱなしで2時間もの私用外出をしてしまう無神経ぶりだった。

(彼女がこんなんだったので)私は敢えて金つぼねさんから「裏をメモに使いたいので」などと言って不用書類を貰っていたが、金つぼねさんは自らすすんでその重要機密書類を「メモ書」に使用するよう全社員に通達もしていた。

まともな会社なら金つぼねさんは勤まらない。

金つぼねさんからもらった不用書類には、被告社長が狸寝入り中に考えた、飽くなき利潤への執着から発生する、ナリフリ構わぬ倫理観欠如・人間性欠如がもたらす守銭奴的テクニックで、同属のみを肥え太らせる我利我利亡者の亡霊がとり憑いていた。

(我利我利なのに金つぼねさんは80kgもあったんですけどね。)

ニセシール貼りはいやだ、と言った私を社長が「金儲けを邪魔するオレの敵」だと見なして、その後、機会をみては私を放逐しようとしていたことに私は全く気づかなかった。

社長は、私が裁判所に提出した『原産地偽装の証拠』を見て陳述書に「このままでは、原告に会社をつぶされると思い断腸のおもいで解雇にした」などと、解雇理由を後付けしてきている。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •