はじめまして
管理人のスポックと申します。

おっもォ~い、いやん、と言えていたら確実に不当解雇は起きんかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

三面記事にでてくるようなオンナが権限を手に入れられる会社

ui

社内で権限あるウイムッシューさんの、○人のゴロナーゴさんが、彼にすり寄ってヒソヒソ話をしているのが聞こえて来た。

○○さんがホニャララあん。

(男の前で、からだくねらせるな)

それでぇ~、○○さんを(あ~聞こえない)ホニャララさせんといてぇ~ん。

(えっ!もしかして、私の事かな?)

実は、社長命令で、私は1階事務所から2階事務所に引っ越すことが決まっていた。

そのタイミングで、2階事務所にいるゴロナーゴさんが上記のように裏声を駆使して言うものだから、自分のことだと思うしかないじゃあ~りませんか。

○○さんがホニャララで、ホニャララ。こっちに来たらイヤやぁ~ん。
とにかく、というふうに聞こえる。

しかも、こんなキショクの悪いことを、ゴロナーゴさんは何回もやらかした。

しまいには、ゴロナーゴさんは、

アンタのことよ!
というふうな視線をこっちに送りながらウイムッシューさんとヒソヒソやるようになっていた。

そして、ある日、ウイムッシューさんがゴロナーゴさんに、

○○ちゃんのことは社長が決めた事やからなあ。どうしようもない。
と言うのがはっきり聞こえた。

(親しくもないのに、なぜかちゃん付けで呼ばれていた私)

今までは、

・固有名詞が聞こえない
・誰を指しているか分からない
・具体的なことが聞こえない
という状況だったから、何も言わなかった。

しかし、この時は、はっきりと分かった。

 ゴロナーゴさん申しわけありません。

私がなまいきでした。

これから態度をあらためます。

と言えば良かったのだろうが、

(調子こいとったらあーあんで=アカンでとばかりに)

ウイムッシューさんとゴロナーゴさんの方を向いて、こう言った。

あっ、私のこと言ってるんですか?

2階は天国ですものね~、好き勝手し放題で。。。(うふふ)

私が来たらできないものね。

と。

とにかく、彼女は裏声とクネクネ作戦で、○ホのウイムッシューさんなどを操り、3人もの女性作業員を即日解雇に追い込むという暴挙までやらかしていた。

(いや~ん、ですか。。。クネクネですか?あんた、としナンボや?)

パワハラは回避しようと思えばできる環境だった-媚び団子を食す人

別のページでも書いたが、彼女は、

女性従業員は彼女一人、
男性従業員は4人という2階事務所で、

ブチ切れながらチュウさんなど男性陣に命令したり、わめいていたりした。

(なんやろね)私がこれまでに会ったことのないタイプの人間だった。

そのタイプの人をニュースや人伝では耳にしたことはあったが、肉眼で見るのは初めてだった。(びっくらこいた!)

また彼女は、

人の顔色を見て接し方を大きく変える。というタイプでもあった。

一般論であるが、例えば、女性の中には、同姓に対する態度と異性に対する態度に大きな相違のある人たちがいる。

私は彼女らを非難するつもりはない。(好きにしたらエエがな。)

彼女らが甘えた口調で、重っも~い、と言えば、男性が荷物を持ってくれる事を本能で知っているだけである。悪い事ではないだろう。

つまり、ゴロナーゴさんは、ウイムッシューという男性の前で身体をくねらせ、”お・ね・が・い、この仕事、他の人にさせてぇん”などと言っていた訳である。

(それで権限まで手に入れてしまったわけさ)

そして、男性が彼女の要求や願い拒否すれば泣く事も不可能ではない。その涙を自由自在にあやつれるのだ。

この程度の女性の媚に屈服してしまう男性を(案外多いのですね)男らしいなどとは思わんがね。

そういえば、ウイムッシューさんとこんな会話をしたことがある。

セドリックちゃん(管理人です)も、もっと、(男性に)愛想よくした方がエエで。

(苗字にちゃん付けですよぉ~)

その方が得やで。

(損などしてない。しかしクビになりましたが。。。)

とに角、被告会社では、男性に媚を売ることで、そんなに重たくないものでも持たなくても済むのは当たり前で、面倒くさい仕事とか、担当業務までが免除されるようなふざけた会社だった。

しかし、人にはできる事とできない事がある。

ウイムッシューさんの言う通りにしておけば解雇されんかったと思う。

(つまり、ゴロナーゴのような処世術スキルっていうのか、才能ですわね、恐れ入りました)

余談だが、媚を売って生きている女性は、媚を売っても通じない男性をひどく毛嫌いする。
彼らに返事をするのさえ嫌がる。ぶっきらぼーに、無表情で答えるのみである。
彼女らは、媚を受け付けない男性が彼女らの女性としての魅力を理解していないと感じ苛立つようである。

(これ、見てておもろかったなあ~)

さて、上記のような女性が同姓とどのように関わりを持つだろう。

彼女らは”自分よりランクが下”の女性でないと決して受け入れない。

それか、恐ろしいことに、共通の敵を持ちその敵の悪口に花を咲かせる事が出来るのでなければ彼女らとはやっていけない。

今思うに、ゴロナーゴは自己愛性パーソナリティ障害者だったのかな?とにかく、ヘンな人たちとの縁は切れた。

(あっ、おっもォ~いなどとは一生言えません。とち狂って言えたとしても気持ち悪いだけの年齢になった私です♪)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •