はじめまして
管理人のスポックと申します。

解雇無効の訴えは仮裁判の勝訴後1ヶ月以内

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

  •  

本訴の提起

6月5日に、地位保全の仮処分という裁判に勝訴して、 「解雇無効」の決定が出され、 解雇日に遡ってそれ以降の賃金債権 が支払われることも決定された。

1ヶ月70,000円で裁判できまんのか?ガックリくる。

(怒るでしかしぃ。田中(現市川)智子判事さん、ヒドイ。

ガックリしながらも憤慨していると、翌日付けで裁判所から

1ヶ月以内に管轄の地裁に本件の訴えをしなさい。

という「起訴命令」がきた。(時効1ヶ月)

いわば、身分保全の仮処分(地位保全の仮処分)は、生活が逼迫してくるのを救う目的で-とにかく相手会社に給料を支払ってもらおうという事が第一の目的であるから、 本来の従業員地位確認請求の訴えは起こさなくてはならない。

で、6月17日付で提訴。

弁護士が地位確認請求という訴えの文書を作成する。

私の場合、以下2項目。残業代は請求せず。

従業員の地位にあることを確認する

賃金債権の仮執行宣言を有する

(この請求が認められれば、会社に給料を支払わせる強制力があります)

ここからは、またあらたに代理人弁護士が主張書面を(相手は答弁書を)、私は陳述書を書いて裁判所に提出していく。

(まあ、ここからが長い、長い。3年弱)

私は債権者から原告に、会社は債務者から被告になる。

(社長が被告!これだけでも気持ちい~ぃッ!)

で、提訴したとたん、被告会社から和解案が出た。(これで何回目やろ。)

(この時点でン百万の和解金案が出ますので-男性なら1,000万以上が多いのでは?-アホ会社と縁を切ることをお進めします。私は原職復帰して、やりたい放題して暴れ回ろうと思っていましたので勝訴判決を取るために最後まで頑張りましたが。。。)

和解案は、相手会社から出なくても、裁判官が進めてくる。

(なんでも、和解させたら、裁判官の社内査定?というのか、ポイントが高いのだそうです。仮処分で1回、本訴で3回もの和解案が出ました。)

本訴になってから、被告社長の私への憎悪の念?がいやまして燃えたぎってきたかして、このあと社長はものすごい勢いで陳述書を書いて送りつけてくることになる。

(どこの被告社長でも持っていると思われる、解雇した人間にたいする憎悪について
いつでもどこでも”突然”解雇だ!と言われる-せめて5年前くらい予告解雇とかないの?で書きました。)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  •