「 自己愛性人格障害者 」一覧

クラッシャー上司の狼藉―自己愛性人格障害者かもしれないサイコパシーの威圧_男版

クラッシャー上司の狼藉―自己愛性人格障害者かもしれないサイコパシーの威圧_男版

部下の苦悩 怒鳴り散らす上司(ヤカラ)は本当にうっとおしい。(うっとしいという言葉では軽すぎますよね。) 人生の貴重な時間の一日の半分を、そのうっとおしい上司と共有しなければならない理不尽さ。 そやつとの関わりに疲れ果ててうつ状態になってしまったり会社辞めたい気持ちで一杯になっ...

末路―サイコパシー自己愛性人格障害者の晩年―ブルブルふるえながら里親を待つ哀れな小動物

末路―サイコパシー自己愛性人格障害者の晩年―ブルブルふるえながら里親を待つ哀れな小動物

サイコパシー自己愛性人格障害者が晩年不幸になっていて欲しい?今まさにサイコパシー度の高い自己愛性人格障害者からターゲットにされて精神が崩壊するほどの搾取をされている人は、 ・自己愛性人格障害者が居なくなって欲しい ・不幸になっていて欲しい ・○んで欲しい と思っているかもしれ...

サイコパシー自己愛性人格障害者からのモラハラ・パワハラ―この世の地獄①

サイコパシー自己愛性人格障害者からのモラハラ・パワハラ―この世の地獄①

(法的解決の難しさを書いています♪あなたはガッカリするかもしれません。) サイコパシー自己愛性人格障害者からのモラルハラスメントをパワハラで訴えられるか?あなたも私も、 ・自己愛性人格障害者の被害にあわない方法 ・自己愛性人格障害者への対応方法・解決策 ・自己愛性人格障害者をギャフンと言わせる方法等々 ...

サイコパシー自己愛性人格障害者が獲物をし止めるとき

サイコパシー自己愛性人格障害者が獲物をし止めるとき

ロックオンされて恐怖を感じるときあなたも、その不気味さを知ってしまったのですか。。。 それは経験者でなければ絶対に分からない。 ゴキブリを見たことがない人がゴキブリのことを語れないように、サイコパシー自己愛性人格障害者を知らない人には全く想像すらできないイキモノが自己愛性人格障害者なのだ。 人間の...

サイコパシー自己愛性人格障害者を見抜く方法はあるのか!?①

サイコパシー自己愛性人格障害者を見抜く方法はあるのか!?①

自己愛性人格障害者がニコニコしすぎながら近づいてくる理由 結論: 自己愛性人格障害者を見抜く方法・見分け方はあります。 ただし: 一発で見抜ける人は、 ・専門家 ・自己愛性人格障害者からターゲットにされて相当期間被害を受け続けた経験のある人 だと思います。 ・??? ・ん? ...

姑のうっとおしさ

姑のうっとおしさ

姑が嫌いで胃痛薬がはなせなかったおば様今回は「自己愛性人格障害者というサイコパシーであろう姑」と「その姑のモラルハラスメントに苦しんだ親戚の若いおば様」の話。 あなたの姑はどんな人ですか? 私は、人生の黄昏期を迎え自分が姑になった今ふと思いだす、初めて姑と会った時のことを。 ...

噴出する人格障害③―アカの他人を批判できるサイコパシー自己愛性人格障害者

噴出する人格障害③―アカの他人を批判できるサイコパシー自己愛性人格障害者

ネット上で他人に憤怒するサイコパシー自己愛性人格障害者(タップかマウスオンしたステキなことが。。。↓) (噴出する人格障害②の続き) わたしは心理学の専門家ではないからあの人ヘン!と言うときは全くの主観的な感情からでてくる感想であることが多い(素人ですから。。)。 このブロ...

クラッシャー上司の狼藉―サイコパシー自己愛性人格障害者の威圧_♂版

クラッシャー上司の狼藉―サイコパシー自己愛性人格障害者の威圧_♂版

サイコパシー自己愛性人格障害者が上司なら部下の苦悩はいかほどかその恐怖感は尋常ではないだろう。命を脅かされる恐怖感だろう。 私は、わが社の人格障害者・白黒ブッチーに対して怒り心頭でこの記事を書いている。 若い優秀な社員が、白黒ブッチーにビビッて縮みあがっている場面を見るたびに怒り心頭で血圧が上がる。 ...

クラッシャー上司の慢性病-自己愛性人格障害というサイコパシーか?○ンピラか?

クラッシャー上司の慢性病-自己愛性人格障害というサイコパシーか?○ンピラか?

著しく低い社会性クラッシャー上司は社会性がずば抜けて低いでしょ? 低い社会性が低い=○ンピラかな? ≪○ンピラの定義―主観的意見≫ ・声でか ・ため口 ・服派手 ・怒鳴る ・威嚇する ・殴る蹴る ・人格否定する ≪クラッシャー上司の定義≫ ・声でか ・ため口 ・怒鳴る ・...

モラルハラスメントをするためだけに生きているサイコパシー自己愛性人格障害者

モラルハラスメントをするためだけに生きているサイコパシー自己愛性人格障害者

サイコパシー自己愛性人格障害者というモンスターが世の中に存在している事を知った日―モンスター記念日今から10余年も前のこと。 不当解雇裁判を闘っていた方から教えていただいたものがある。 それは、こころのサポートセンター・ウィズさんが発行した"モラル・ハラスメント~外から見ても分かりにくい心への暴力~"という...