全選択コピペ女-サイコパシー自己愛性人格障害者?前頭葉機能不全?―不気味すぎる全選択コピペ女-自己愛性人格障害者 | 自己愛性人格障害者との闘いの日々
 

全選択コピペ女-サイコパシー自己愛性人格障害者?前頭葉機能不全?―不気味すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

モラルハラスメント仕掛け人の正体は自己愛性人格障害者です!

プロフィール

 


真似は障害者のやること―人格を盗まれる感覚―パーソナルスペースに土足で踏み込んでくる感覚

(今回もダラダラと愚痴っぽい事を書いていますw)

(あなたの会社やコミュニティにも真似する病的な人がいるでしょう?)

わが社の人格障害者・ノーカンメは画像の右から3番目の人に似ている。
(コレが私の服マネを全選択コピペするのや~。。キショク悪い不気味すぎる。。)

ノーカンメについては、

素人の診察―サイコパシー自己愛性人格障害者を分析する①
万能感が脳幹に残ってしまった次回、万能感を発揮する自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャについて書くつもりだが、自己愛ハンニャは肉体を成長させながらも人格の成長が止まったままで万能感を失わなかったようだ。 人が順調に成長した場合、乳児が持つような万能感は消滅する。 (そして大人になる...

少々抜粋↓

・60代前半の、顔にハチュウ類っぽいシワのある猫背で鶏ガラのようにやせている女。
(鶏がらは良しとしよう♪体質もあるから)
・大きく血管が浮き出た指に、夜店で買ってきたのではないかと思うような安っぽいデカすぎる指輪をはめている。
・社内ではいつもジーパンに、夏なら色あせたTシャツ、冬ならアクリルの伸び切ったセーターという格好。
・その格好に、時々大きなダイヤの指輪(2個重ね)をしてきたりする。
・その服装に相応しい言葉遣いをする。(敬語を知らない。目上と目下の区別ができない。)

奇跡的に人間の形だけしている動物、という感じを誰しもが持つ。
(私ヒドイですか?会社という公的な場所で、こんなんに生まれて初めて出会って感動しているんです♪)。

話し方や立居振る舞いまで真似してくるヤカラ

それで。。。
社長の赴任と私の入社は同時期の5年前で、そのころに社長が↓

(自己愛性人格障害者の)自己愛ハンニャさんとあなたは似ているねえ。(え”ッ!?)

と!

またしばらくしてから社長が↓

(発達障害AHO?の)ノーカンメさんとあなたは似ているねえ。(え”ッ!?)

と。

今なら分かるが、社長は自己愛ハンニャやノーカンメの仕草・言葉遣いetc.が私に似ていることを言っていた訳。(ぅう~キショク悪い!不気味!)

服真似が止まらない発達障害系のノーカンメ

まず彼女が、社員研修が終わって社員研修に参加してと題して社内報に作文を載せたときのものを紹介しよう↓

今回の社員研修は、昼ごはんのときに席が社長の真ん前になって嬉しかったです。行って良かったです。

というAHO丸出しのもの。

(60代前半でっせ。。。)

で、社長のノーカンメさんとあなたは似ているねえ(泣)だったから本当にノーカンメはコピーの達人?だ。

(社長から見たノーカンメと私はドングリの背比べでただの女という仕分けなのか!!??)

ノーカンメは私の話し方・仕草・相槌の打ち方を盗んでいたが、私が目の前に居るというのに自然に真似ていた!と社長が言う。
そして、ノーカンメは私の話し方を使ってお笑い番組・下ネタ・私からパクったギャグを堂々と話していたのだ。

で、ノーカンメは自己愛ハンニャのようなパワーはない。せいぜいガラの悪いノラ猫。
だが、見るからに気の弱そうな後輩・社会的弱者に見える未亡人社員・清掃の人に上から目線の命令口調でモノ申すのだ(私にソックリな話し方で)。

ノーカンメは役付きで社長のお付の運転手という仕事だけはやるが、あとは全く仕事をしない。(よう入社できましたな?と思うが前社長時代に強力な派閥に入り込んでいたから=発情してカモンカモンとやったのかなあ?=登用されたらしい。)

メスにしか見えない

入社したてのころの話。
社長室の応接で社長とノーカンメが話をしていて私もそこで仕事をしていた時↓

ノーカンメ:
いやぁ~ん社長さん♪おもしろぉ~い(私はこんな話し方はしない。)

とやり始めたのだが、ノーカンメはオスを前にすると一瞬でメスになるようだった。

発達障害確定

発情したノーカンメは、社長の腕に自分の胸囲のあたりをすり寄せるようにして両腕ですがりつき、社長の胸のあたりにそのスカルプを埋めるような仕草をした。(この会社は何なん?動物園か???)

社長はすでにノーカンメがノラ猫に見えていたかして、彼女の喜ぶおやじギャグを連発しながら逃げようとしたが、この悪夢はしばらく続いたのだった。

私は目の前で何が起きているのかすぐには理解できなかったが、社長が社長室から出て行ったあと何のためらいもなくノーカンメにこう言った↓

(ニコニコしながらですけどね。)

ここは会社ですよ。
そして相手は一流人物の社長なんですよ。
社長はあなたの恋人でもボーフレンドでもないんですから、ベタベタ気安く抱きつくなんていけませんよ。(分かったあ?メスノラ猫さん♪)

と。

しかし、ノーカンメはやはり発情しているメス猫だったかしてスックと立ち上がり、顔色を変えて(プッとふくれて)社長室から出ていってしまったのだった。(あ~あ。やっぱり人間じゃない!)

で、この後からはノーカンメは、私には目線を合わさない・ふと顔をあげると睨みつけていただろう視線をはずす・あいさつナシという態度になっていた。

だが、私の服装コピーだけは止まらなかった。
(昨日は、私が付けていたものとソックリの夜店で買ったんか?というような赤いブローチを洗濯機で洗ったんか?という感じになっている黒のワンピースモドキに付けてたのです♪)

またまた社長室の応接で社長とノーカンメが話をしていて私もそこで仕事をしていた時↓

社長:
上司に自己愛性人格障害者のことを理解してもらうあなたたち♪また花を咲かせて結婚すれば良いよ。(ノーカンメも私もすでに未亡人)

私:
私達はもうすでに枯れていますから無理ですねえ。(還暦すぎてます)咲く前に枯れている気もします(笑)。

社長:
上司に自己愛性人格障害者のことを理解してもらうそうだな♪やっぱり2人とも枯れてるナ。(笑)

ノーカンメ:
(すっくと立ち上がり)

枯れてるなんて!そんなッ!ひどいわあ~(プッとふくれてそのまま帰る)

社長・私:
???

誰が見ても(女の主観かもですが)ノーカンメは夏の火鉢なんだけどね♪ノーカンメのような発達障害タイプは客観的に自分を見る目を持っていないことが分かる。

人格障害者の症状は全世界共通

ノーカンメの服装と話し方等々のコピー・否定されたらキレる姿・全く仕事をしない姿・公の場でいきなり泣く姿をみていたらやっぱり障害者としか思えない。(その泣き方は泣きわめく‐自己愛性人格障害者で紹介済み)。

AHO丸出しのノーカンメだが、オスが居ないと誰かの口真似で弱者にモラルハラスメントをやり人を深く傷つける。
ノーカンメが誰かにモラハラしている時私はバンバン正論を言ってきたけれど、その都度ノーカンメはケモノの眼をして私を睨みつけるだけで話し合いにはならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
     

関連記事(一部広告含む)