境界領域脳―IQ指数71~84のボーダー知能を持つ人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
自己愛性人格障害者のタゲ子
管理人

モラルハラスメント仕掛け人の正体は自己愛性人格障害者です!


(自己愛性人格障害者の話からそれますが。。)

幼稚園児だと思えばすべて辻褄があう

目から鱗です♪
なるほどーーッ!
そうかそうやったんかー!と腑に落ちました。
境界脳という概念に。

わが社の営業部長であり社長の運転手でもあるノーカンメが社内研修会に参加してという内容中心の社内報に載せた、

今日の研修会ではお昼ご飯のときに社長の前にすわれて嬉しかったです。研修会にはまた行きたいと思います。

という内容に、どうあっても疑問が払拭できず、事あるごとにこの作文が脳内をテロップのようにくるくる回っていた自分でした。

大半の社員が原稿用紙1~2枚で研修の内容に付いて「気付き」や「反省」等々だったのに、ノーカンメは「たった1行この内容」だからねえ、度肝を抜かれるでしょ?

(あまりにも異次元すぎて思考が止まったかして、ただただ頭の中は「?????」しか出てこなかった自分でした。)

誰か普通の大人の社会人が周囲に居て、一人でもいいから一言ノーカンメに「お前は幼稚園児か!?」とか、「アイツ障害あるんじゃね?」とか、大半の人がその作文に腰を抜かしたという事実があったとか。。そういう環境があったなら、わたしなどはそれがヒントとなって早い段階で本日のような結論を出せていたかもしれません。

環境って大事ですね?
わたしは社の役員たちが障害者ばかり(6年間関わった結果の主観です)という環境にいるのですが、それが普通になっている環境に居たためでしょう、咄嗟にはノーカンメの知能・精神年齢が幼稚園児レベルだとは思わなかった・思えなかったようでした。

入社早々の時に、一般的な会社の役員のことを知的障害者かも?との発想はなかなかできるものではないと思いませんか?

ノーカンメは↓

・60代女性でありながら10代の服装をし
・夜店で買ったの?みたいな宝石を指・腕・クビ・耳にジャラジャラ付け
・会社に来るときは左足から踏み出すというふうなレベルのモノにこだわりを持っている
・マニュアルに載っていることはその日は不要でも欠かさずやる
・状況が変わったり複雑なことをしないといけなくなるとパニックを起こすためか怒りだす
・目上と目下の区別がつかないのか日本語がおかしい
・ふきんやコップをバケツで漂白するなどミソもくそも一緒

私はノーカンメに底意地の悪さのようなものは感じていなかったけれど、ノーカンメの↓

・上記の幼稚園児のような作文
・私の服装の全選択コピペ
・異性に節操なく触れること
・「分かれへんわ」「忘れた」が口癖で
・想像力ゼロ(抽象化ができない)
・会議でメモをとることができない(マルチタスクができない)
・秘密主義(役員会がある日に有休を取るのに理由を言わない)
・上から目線の言葉使い(部長職に付いているから偉いと信じているらしく)
・初対面の人の葬式でも鳴くこと
・業務上のことで意見を言うとふくれること

等々から、

ノーカンメを↓

・人格障害者
・漠然とした「発達障害・前頭葉機能不全・精神疾患」
・アル中

のうちの何かだ!と疑っていたのですが。。。

知能指数が低すぎるのかな?

とも思っていたけれど、あったやん、ネットにその根拠が!

「IQ71~84の境界脳」についての説明・学説を読み込んでいくと、ノーカンメは人格障害ではなく知的障害がピッタリくる!と腑に落ちたのでした。

ああ、ノーカンメのあの失礼な言葉使いも知的障害ゆえの狼藉だったのか。。
と思うと、そんなに怒ることではなかったんだな、と思えます。

とにかくメチャクチャ腑に落ちてスッキリしたのでした♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ

     

関連記事(一部広告含む)