「 自己愛性人格障害者 」一覧

人々が気付き始めた異常人格者の正体―それは自己愛性人格障害者

人々が気付き始めた異常人格者の正体―それは自己愛性人格障害者

ヘビ・サピエンス発見!―自己愛性人格障害者の新しい呼び名―学術名にしてよ(今妄想中です♪) 20XX年。。 私はとある町の老舗会社・オカタイ商事に勤めていた。 その会社は電子通信建設会社で私はそこで営業マンをしていた。 社員数はわたしの支社だけで500名余りで会社は儲かっていた。 しかしあ...

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語③

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語③

女性はしつこいイキモノだ―by男性一般論ですが、大概の男性は女性を、 ・しつこい ・訳分からん ・不合理なことをやり通す強靭さをもっている と、思っているようです。 よーく考えてみると、同じ人類とは思えないくらい違いがある時があります。 奥さんA 奥さん、これほんの気持ちのお返...

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語②

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語②

↑ この続きです。 ターゲット極悪人説流布が失敗? 今の会社に入社してから3年目くらいまでは、 異常人格の自己愛ハンニャによる執念とも言うべき徹底したターゲット極悪人説流布により孤立させられたわたし。 自己愛ハンニャは、わたしが凹んでついには自分の目の前から消えるのを見たかったのでしょ...

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語

異常人格の持ち主―自己愛性人格障害という障害者との遭遇―壮絶自己愛物語

ご機嫌な幼な子―自己愛性人格障害者 今から6年前、わたしはとある会社の社長にヘッドハンティングされて営業マンとしてその会社に入社しました。 これがわたしの七転八倒劇の始まりでした。 異常人格の持ち主―自己愛ハンニャという人物との出会いによって、わたしは精神崩壊寸前にまで陥っていくのです。 この会...

ひさびさの達成感―やっと自己愛性人格障害者を潰せる時がやってきた!

ひさびさの達成感―やっと自己愛性人格障害者を潰せる時がやってきた!

自己愛性人格障害者が出向することになった!前回の記事で、自己愛性人格障害社員・自己愛ハンニャが「出向することになった」と書きました。 く~ぅせつ♪ろくねぇ~ん♪(岸壁の母) 自己愛ハンニャが出向! 自己愛ハンニャが出向なんや~嬉しいやん♪ 本当に苦節6年間でした。 さてわが社の出向...

自己愛性人格障害者という名の○チガイ―仮想世界でくらすトウシツか?

自己愛性人格障害者という名の○チガイ―仮想世界でくらすトウシツか?

自己愛性人格障害者はコンプレックスでできている気力がなくなって、 ついに体が動かなくなって、 トイレに行く以外は布団から出られず、 ボーッとしていてもヒマだと感じる事はなく、 感覚がある事自体苦しくて、 悲しいかどうかも分からないまま涙が出てきて、 とにかく時間の流れが苦しくて苦しくてどうしようもなくな...

目に見えないモノが理解できない自己愛性人格障害者―感情が理解できない

目に見えないモノが理解できない自己愛性人格障害者―感情が理解できない

自己愛憤怒―自己愛性人格障害者の現実の姿これじゃ可愛すぎるけど、ホントはうちの自己愛性人格障害者・自己愛ハンニャは精神年齢~2才の人型生物なのです♪ その言動は冷酷無慈悲なハチュウ類並みのケモノなのですけれど♪ まず、本当にあったわが社でのこと。 社長 自己愛ハンニャさんは信頼してな...

ナルシシスト=自己愛性人格障害者は現実を生きていないby加藤諦三

ナルシシスト=自己愛性人格障害者は現実を生きていないby加藤諦三

品定めをしている自己愛性人格障害者の脳内鑑賞 空想の世界に棲んでいる自己愛性人格障害者の自己愛ハンニャ↓ 自己愛 アタシ様は、この会社で、 一番優秀で、一番仕事ができて、一番人気があって、全てにおいて一番なのだ! ぅわはははははははーーッ、おのれら愚民どもは全て、アタシ様の奴隷なのだッ! ...

人格障害は治らない!―矯正できない

人格障害は治らない!―矯正できない

前回の記事を読んでくださった(それまでもずっと読んで下さっている)「自己愛性人格障害者の被害者?」の方から、「優秀な営業マン・ウテバヒビキ君等」が退職したかどうかの心配をしていだだきましたので、ここでお返事を。。 ウテバヒビキ君、キラらちゃん、ヒトリデモ仙人、おりょうさん等々、これまでに私と一緒にチームになっ...