muu | 自己愛性人格障害者との闘いの日々 - パート 2

「 muu 」一覧

桁外れの非常識と煮えたぎる怒りの持ち主―自己愛性人格障害者

桁外れの非常識と煮えたぎる怒りの持ち主―自己愛性人格障害者

7年間の自己愛性人格障害者観察―その成果―見抜き方に役立つ観察記録イキナリですが、自己愛性人格障害者を昆虫に例えると、幼虫のまま成虫になれなかった蝶、というところでしょうか? そして、(ここがホラーなところですが)自分をイモムシにしているのは周囲だ!と信じていて(無意識のままらしいです)煮えたぎる怒りをもっている...

頭が悪い

頭が悪い

人を傷つける天才―自己愛性人格障害者一言で言うと「頭が悪い」という言い方がピッタリかもしれません、人格に障害をもっている人というのは♪ 「頭が良い人」というのは、他人が、 ・何が言いたいのか ・何を訴えているのか ・どんな気持ちでいるのか が分かる人だと思います。 突然ですが、我が家の同居し...

自己愛性人格障害者はヤッパリ同じ症状をもっている!感動!―嘘と誇大感と横取りと

自己愛性人格障害者はヤッパリ同じ症状をもっている!感動!―嘘と誇大感と横取りと

あたかも真実であるかのように嘘を語れる本人の空想なのですが、これを一般的には捏造、あるいは嘘と言いますが、自己愛性人格障害者は↓ ・自信タップリに ・確信に満ち満ちている ・一点の曇りもなく 口にすることができます。 私たちは、事実ではないことを口にするとき―自分を守るために嘘を言う時(人を守るた...

自己愛性人格障害者はヤッパリ同じ症状をもっている!感動!―傲慢な幼稚性

自己愛性人格障害者はヤッパリ同じ症状をもっている!感動!―傲慢な幼稚性

傲慢コレ、偏に、 ・世界は自分に奉仕するためにある ・自分が世界の中心だ ・自分は特別有能だ ・自分だけが正しい という空想の世界に棲んでいる乳児状態なのです。 傲慢を極めた人は、ナルシシスト=主に自己愛性人格障害者と呼ばれていますね。 自己愛性人格障害者がなぜ傲慢なのかの説明は割愛しますが、...

モラハラする人も真似する人も人格障害者だった!―自分だけが正しいと信じきっているのにコンプレックスモンスターである矛盾を抱えている厄介な存在

モラハラする人も真似する人も人格障害者だった!―自分だけが正しいと信じきっているのにコンプレックスモンスターである矛盾を抱えている厄介な存在

怒りは弱さに変装するなるほどーーッ!! (タイトルは、加藤諦三氏の言葉です♪) ・惨めさを誇示して「どーせ私なんか。。」「私さえ居なければいいんでしょ?」とか、 ・鳴きながら「私。。生い立ちが不幸なの。。」「あなたさえ良ければ。。あなたのためを思って言ったの。。」とか、 ・ニコニコし過ぎながらし...

人格障害なのか病気なのか?―世界は自分のためにあると思っている長電話する人―躁的防衛する自己愛性人格障害者or躁うつ病患者

人格障害なのか病気なのか?―世界は自分のためにあると思っている長電話する人―躁的防衛する自己愛性人格障害者or躁うつ病患者

夜中早朝に電話してきて自分のことだけしゃべって勝手に切る躁うつ病の知人あなたの周囲に、こんな人居ますぅ? ・自分の話と自慢話が長い人 ・夜中早朝おかまいなく電話してくる人 数年前にわたしの友人イツモノオクニさんから聞いた「ナガイハナシ」さんのことを、2年ほど前に以下で書きました。 イツモ...

金の亡者?自己愛性人格障害者?―欲望のままに生きている人の見本―振り回されるのはもう止めよう

金の亡者?自己愛性人格障害者?―欲望のままに生きている人の見本―振り回されるのはもう止めよう

新しい金の稼ぎ方 何気なくWEBニュースを観ていたら、 「加藤紗里一週間で離婚」 というものが目に入り、思わず全文を読んでしまいました。 見るからに「いじったやろ」という顔と体の女を観て、その目的は何なのだろうと思いました。 目的というか、曰く、「男は金」「金=愛情」。ふむふむ。ある意味共感で...

自己愛性人格障害者はひとり荒野に棲んでいる―アナーキーな世界でひとり暮らしをしているようにしか見えない

自己愛性人格障害者はひとり荒野に棲んでいる―アナーキーな世界でひとり暮らしをしているようにしか見えない

荒唐無稽―その人生無駄につき 今回の記事は前回↑↑の続きですが、自己愛性人格障害者(やわがままな女や○バハンやボーダー等にも当てはまる)の言動をまとめてみますね。 ≪今回の登場人物≫ ・自己愛ハンニャ:わが社の営業部長のひとりで自己愛性人格障害の症状があらわれている(と断定しています) ...

負けず嫌い―精神疾患レベルになっているのが自己愛性人格障害者―勝ち負けしか考えられないとな?

負けず嫌い―精神疾患レベルになっているのが自己愛性人格障害者―勝ち負けしか考えられないとな?

年中無休24時間営業―自己愛性人格障害者は朝から晩まで試合中自己愛性人格障害者には「人とコミュニケーションをとる」という概念はなく、「人は、試合?勝負?対戦?喧嘩?するために存在している」と感じているはずです(と断定します)。 こんにちは!の挨拶すら、自己愛性人格障害者にとっては勝負の言葉なのだと思います。 ...

あり得ない性格の人物から逃げ切る方法を身につけよ―自己愛性人格障害者を見抜いたら即効逃げる行動力を身につけよ

あり得ない性格の人物から逃げ切る方法を身につけよ―自己愛性人格障害者を見抜いたら即効逃げる行動力を身につけよ

遺言として残しておきたい自己愛性人格障害者のこと(2年前とは書いていることが少し違うかもしれません。) 前回、自己愛性人格障害者について、 言い訳に使う日本語があり得ないレベル と書きましたが、それで考えていたことは、 見抜く目をもつこと・逃げる方法を知っていることに尽きる!と。。。 終活って...